最近のコラム

2016年9月12日
境界線を越えて(後編)


2016年9月5日
境界線を越えて(前編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(後編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(前編)


2016年3月8日
インタビュー:マーロン・ベントさん 後編


2016年2月25日
インタビュー:マーロン・ベントさん 前編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 後編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 前編


2015年7月29日
テクニックとは何を指すのか?


2015年5月29日
パウル・セグイン選手インタビュー(後編)


2015年5月27日
パウル・セグイン選手インタビュー(中編)


2015年5月25日
パウル・セグイン選手インタビュー(前編)


2015年4月22日
フォーメーションの組み立て方(後編)


2015年3月23日
フォーメーションの組み立て方(中編)


2015年3月10日
フォーメーションの組み立て方(前編)


2015年2月17日
システムの歴史


2015年1月9日
サッカーコートとフットサルの関係


2014年12月8日
トレーニングにおけるグリッドの作り方


トップコラムワールドサッカー通信局>ドイツ通信  ~Probieren wir mal!(とりあえず、一緒にやってみよう!)境界線を越えて(後編)

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
鈴木 達朗
ドイツ

ドイツ通信
~Probieren wir mal!~
(とりあえず、一緒にやってみよう!)

鈴木 達朗
宮城県出身。中学生からサッカーを始め、大学1年まで競技を続ける。サッカークラブも無い町で、一人でストライカーなどの雑誌を読んでは友人に薦め、「サッカーマニア」と呼ばれる少年時代を過ごす。中学では、クラブチームに所属。小学校で全国大会に出た選手たちを目の当たりにして、早々に挫折。頭を切り替えて、選手時代からコーチの目線で過ごす。学者になるつもりで渡った先のベルリンで、たまたま試合に誘われたクラブから、コーチになることを頼まれて、指導者になる。二足のわらじで大学も卒業し、現在に至る。タイトルは練習中に発する自分の口癖から取ったもの。
Webサイト:http://www.tatsurosuzuki.com/

ドイツ

■境界線を越えて(後編)

2016.09.05

みなさん、グーテン・ターク(ドイツ語で「こんにちは」の意)! 前回は僕らの身の周りには信じられないほどたくさんの「世界」があり、その「境界線」の「内側」にある世界の言葉を「外側」にいる人にいかに伝えるか、という話をしました。今回はもう少し具体的に、どうやったら「サッカーの世界」の言葉をその境界線の外側にいる人に伝えられるのかを一緒に考えていきましょう。

「コード」という土台
それぞれの「世界」にはその「境界線」の「内側」で言葉が意味を成して対話が成立する土台があり、それは「コード」と呼ばれています。つまり、「サッカーの世界」の言葉をその境界線の「外側」にいる人々に伝えるためには、その人たちが所属する「世界」の「コード」という土台の上で話す必要があります。前回は大雑把な例として「サッカーの世界」と「テニスの世界」をつなぐ「世界」として「錦織圭選手に興味がある人の世界」という共通項を作ることで、「サッカーの世界」と「テニスの世界」の間に部分的に共通する「コード」という土台を作りました。僕が最近考えているのは、この土台をいかに多く作れるか、ということです。

土台の材料は関心を呼び起こすこと
前回、僕は柄谷行人という人の「他者」という言葉を使いながら、「基本的に自分がいる『世界』の内側の言葉を理解しようとする気がない人間を想定してみよ」と書きました。この著者の実際の趣旨とは全く違いますが、ここではその「世界の外にいる人間」が「自分がいる『世界』の内側の言葉を理解する気になる」場合の例をひとつずつ見ていきたいと思います。

img_01

参考例1
「野球の世界」と「サッカーの世界」を繋ぐ「広島の住民の世界」

この例はサンフレッチェ広島の佐藤寿人選手です。「サッカーの世界」の佐藤選手は頻繁に野球の広島カープの応援に顔を出すことで有名です。こうしてサンフレッチェ広島の顔である佐藤選手が「野球の世界」に入り、「広島」という地域を強調することで「サッカーの世界」と「野球の世界」の間に「広島にシンパシーがある人の世界」を作ることで、「野球の世界」をはじめ、「サッカーの世界」の「外側」にいる人たちの関心をひくことで、対話の土台を作ろうとしています。ここでは、「地域」という共通項を使うことで、それぞれの「世界」の間に土台を作りました。

ドイツだと、バイエルン・ミュンヘンがバスケットボールにも力を入れ始め、オフシーズンにはミュラーやシュバインシュタイガーなどのスター選手がトレーニングに顔を出す様子の動画が流され、「サッカーの世界」に関心がある人々が「バスケットボールの世界」にも関心が行くような工夫がなされたり、グアルディオラが家族を連れてバイエルンのバスケットボールの試合を見ている様子が全国紙やテレビに流されたりして、関心を呼びました。今年のバイエルンの最終戦では、優勝した岩渕真奈選手がプレーする女子チームも一緒にアリアンツ・アレーナで優勝セレモニーに登場し、「男子サッカーの世界」と「女子サッカーの世界」が「バイエルン・ミュンヘン」という共通項のもとにひとつの同じ「世界」として認識されている様子を体験しました。

また、ハンドボールの欧州選手権で活躍した選手がブンデスリーガの地上波の中継にゲストで呼ばれてコメンテーターをするなど、他種目との交流も盛んです。ドイツ国内の「サッカーの世界」の認知度や関心の大きさをスポーツ全体に還元する工夫が見られます。

ある共通項を土台として、他の「世界」との掛け合わせをしていくことは、これから「サッカーの世界」を広く浸透させていく、ひとつの可能性だと思います。そういう意味では、若いときにいろんな競技を経験したり、いろんなことに関心を持っていることは大きな財産になるかもしれませんね。

img_01
(バイエルンの優勝セレモニーの様子:筆者撮影)

参考例2
「音楽の世界」と「サッカーの世界」

わかりやすい例としては、ロックバンド「オアシス」のノエル・キャラガーとマンチェスター・シティーでしょうか。僕が10代のころ、「イングランドのサッカーの世界」を全く知らず、マンチェスター・シティーのことをこの人を通じて知りました。ここでは、「音楽の世界」と「サッカーの世界」の共通項として「イングランドサッカーの世界」というのが発見されたパターンです。

フジロックのJリーグ苗場支部も面白い試みです。「音楽の世界」のなかに「Jリーグの世界」から来た「異物」として入り込んで、「音楽あるいはお祭りを楽しむ」という共通コードのもとに、それぞれの世界につながるドアを開く新しい「世界」を作ろうとしています。

ドイツでは、サッカー雑誌「11フロインデ」でドイツの有名なバンド「トーテン・ホーゼン」のボーカルであるカンピーノとクロップ監督の対談を最近読みました。リバプールファンのドイツ人ミュージシャンとそのバンドのファンであるクロップの対談で、2人にとってもうれしい企画だったようです。同紙では、ノエル・キャラガーがマンチェスター・シティーについて熱く語ったり、セックス・ピストルズのジョン・ライドンが今のプレミアリーグの現状を悲しんでいるインタビューも読みました。

ドイツ語版の「GQ」ではスター選手ではなく、ドイツ代表に入ったばかりの若手選手がファッションについてインタビューをされる企画などもあり、「サッカーの世界」に興味のない人が「サッカーの世界」に触れる機会も少なくないです。普段「サッカーの世界」と接点のない人を、ひとつの共通項を通じて対話の土台を築くきっかけを作る、という試みは常にスリルがあるな、と思っています。

img_01
(雑誌の企画でドイツのミュージシャンと楽しそうに話すクロップ監督:筆者撮影)

今回はだいぶ長くなってしまいました。ただ、こうやって書いていくと、日本国内にもいろんな興味深い試みが行われていることがわかりますね。僕の場合は、オンライン発信の情報が主な情報源なので、日本国内のマスメディアの露出の認識とはズレているかもしれませんが、この可能性の芽がつぶされることなく大きく育つことを願っています。次回は、その可能性が開くブレークスルーに関する話をしましょう。それでは、チャオチャオ!

 

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク