最近のコラム

2016年9月12日
境界線を越えて(後編)


2016年9月5日
境界線を越えて(前編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(後編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(前編)


2016年3月8日
インタビュー:マーロン・ベントさん 後編


2016年2月25日
インタビュー:マーロン・ベントさん 前編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 後編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 前編


2015年7月29日
テクニックとは何を指すのか?


2015年5月29日
パウル・セグイン選手インタビュー(後編)


2015年5月27日
パウル・セグイン選手インタビュー(中編)


2015年5月25日
パウル・セグイン選手インタビュー(前編)


2015年4月22日
フォーメーションの組み立て方(後編)


2015年3月23日
フォーメーションの組み立て方(中編)


2015年3月10日
フォーメーションの組み立て方(前編)


2015年2月17日
システムの歴史


2015年1月9日
サッカーコートとフットサルの関係


2014年12月8日
トレーニングにおけるグリッドの作り方


トップコラムワールドサッカー通信局>ドイツ通信  ~Probieren wir mal!(とりあえず、一緒にやってみよう!)~ インタビュー:ユリア・ハース(Julia Haß)さん(ベルリン自由大学民族学博士課程専攻)前編

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
鈴木 達朗
ドイツ

ドイツ通信
~Probieren wir mal!~
(とりあえず、一緒にやってみよう!)

鈴木 達朗
宮城県出身。中学生からサッカーを始め、大学1年まで競技を続ける。サッカークラブも無い町で、一人でストライカーなどの雑誌を読んでは友人に薦め、「サッカーマニア」と呼ばれる少年時代を過ごす。中学では、クラブチームに所属。小学校で全国大会に出た選手たちを目の当たりにして、早々に挫折。頭を切り替えて、選手時代からコーチの目線で過ごす。学者になるつもりで渡った先のベルリンで、たまたま試合に誘われたクラブから、コーチになることを頼まれて、指導者になる。二足のわらじで大学も卒業し、現在に至る。タイトルは練習中に発する自分の口癖から取ったもの。
Webサイト:http://www.tatsurosuzuki.com/

ドイツ

■インタビュー:ユリア・ハース(Julia Haß)さん
(ベルリン自由大学民族学博士課程専攻)後編

2015.09.24

みなさん、グーテンターク(こんにちは)! 前回はラテン・アメリカからの移民の人たちにとって、ブラジルサッカーが重要な意味を持つこと、そのブラジルの社会の中で、アマチュアサッカーがどのような役割を果たしているのかを見ましたね。今回は、その続きで、ブラジルサッカーの様子や大学で各論文が一般的な文章とどう違うのかを説明してもらいました。それでは、見ていきましょう。

img_01
(インタビューに答えてくれたユリア・ハースさん)

――リオのほかにはどこか見た? サッカーのほかには何を見たの?

ユリア そのときはリオだけでした。サッカーはたくさん見ましたよ(笑)。プロの試合もスタジアムで見ましたし。フラメンゴ対フルミネンセのクラシコも見ました。

――スタジアムはどうだった?

ユリア うーん、思っていたのとは少し違いましたね。観客が思ったよりも少なかったんです。ドイツのスタジアムに通っていたときに見ていた風景と違って、だいぶ少ない。ただ、それはブラジルワールドカップの準備でマラカナン・スタジアムが閉鎖されて、新しいスタジアムだったからかもしれません。リオの人たちは、そのスタジアムをあまり好んではいませんでした。それも理由のひとつですし、チケットの値段もかなり高くなってしまったようです。多くの住人はその値段には手が出せません。結局、テレビで見るようになるのです。プロの試合は3試合見ましたが、1万4000人が最多でしたね。他の試合は1万人、8000人でした。(それはいつ?)2012年でした。ビーチサッカーも見ましたし、7人制、6人制のサッカーやフットサルも見ました。とにかく、いろんな種類のサッカーがあるんです。

――スタジアムの雰囲気はどうだった? ときどきニュースで暴力沙汰なんかも出てくるけれど……。

ユリア スタジアムでは、そういったものは見ませんでした。リオデジャネイロは犯罪が少なくない都市ですし、地区によっては不安になるようなところもありますが ー ひとりで歩いてはいけない地区では強盗なんかもありますし ー ひとりでスタジアムに行ったときがあって、夜だったので、何もありませんでいたが、変な感じがして落ち着きませんでした。

――ブラジルの他にはどこにいたことがあるの?

ユリア メキシコにいました。1年間、メキシコの大学で勉強していました。外国で勉強できる機会があったのは、いいことだと思います。他の国々の人や他の大学の人々と知り合う機会に恵まれ、とても面白いものでした。国が違えば、何がどう動くのかも、まったく仕組みが違います。ハラパ(Xalapa)という小さな町でした。

――ブラジルとメキシコは同じラテンアメリカでもだいぶ違うの?

ユリア そうですね。全然違います。どちらの国も、人々はオープンでハートフルです。メキシコは、人々は訪問者に対しても、とても親切でした。ブラジルも、道で会う人々は、オープンですね。ドイツとはまったく違います(笑)。会話を楽しみますし、知り合うのも、ずっと簡単です。ドイツは、街中で通りを歩いていると匿名というか、各個人の顔があまり見えませんよね。

img_02
(インタビューを行ったベルリンの国立図書館のフロア)

――「サッカーを研究したい」といったとき、教授はなんていったの?

ユリア それは修士、それとも博士論文?(じゃあ、先に修士、それから博士論文について。)うーん、博士論文のときは、もう驚く要素もなかったですね。(修士論文で教授を納得させたんだね。)それは、偶然というわけでもなかったんです。というのも、私の教授も研究テーマとしてスポーツに興味を持っていたからです。彼は、米国に住むメキシコからの移民たちについてサッカーファンの統計を取ったんです。米国にはメキシコからの移民が多く、メキシコではサッカーが重要な意味を持ちますから。米国ではそれほどサッカー人気は大きくはありませんが、メキシコから移住した人たちは自分たちが応援するクラブを持っており、自分たちがプレーするリーグもあります。

いい換えれば、世界にはやろうと思えば、研究できる面白いテーマが至るところにあるということです。例えば、社会学者や文化学者あるいは民俗学者が「移民」というテーマで研究しようとするときに、テーマ自体が大きすぎるので、その範囲を限定しなければなりませんよね? そのときに「アマチュアサッカー」というのは、範囲を限定するときの枠組みとして、他のものごとを調べる上でも、うまく機能する研究範囲といえますね。

一口に「アマチュアサッカー」といっても、サッカーそのものを取り扱うというだけではなく、人々やその機能。例えば、サッカーが米国に流入したメキシコの移民たちにとって、どのように役立ったのか。例えば、一緒に暮らすためにサッカーが用いられたり、そのなかで自分たちのアイデンティティが再発見されたり、というふうに。一緒にサッカーを見たり、試合の後にみんなでパーティーをしたり、というふうに見知らぬ国で孤独に陥らないようになっています。つまり、サッカークラブというのは、移民たちにとっては、そこで生活できるベースを作る戦略的な部分もあります。そうして、移民の人たちが社会に適合するのを助ける役割を担っているのです。

――そうしてユリアの先生は博士論文でも、「同じテーマで続けるといいよ」といったんだね。

ユリア まあ、似たような感じですね(笑)。アマチュアサッカーは研究テーマになり得ることがわかったので。修士論文がそれなりに説得力があったようで、教授も納得してくれました。このテーマに関してはほとんど研究されていないので、教授は「研究すべき隙間を見つけたね」といってくれました。

――じゃあ、「学術的」「科学的」ってなんだろう。どうすれば「科学的」といえるんだろう。例えば、今、僕は一応ジャーナリストという立場で話を聞いて、書いているけれど、それとはどう違うんだろう?

ユリア うーん。まあ、そもそも目的が違いますよね。ジャーナリストは基本的に、読者を想定して、彼らに向けて記事を書くためにインタビューをしたりしますよね。学術的な文章は、基本的に読者を優先順位の第一には置いていません。

私の場合でいえば、「社会のあり方を見つける」というのが、文章を書く目的になります。つまり、新しい「知」を追求するということですね。そして、そのテーマと関わる時間を、とても長いスパンで、集中して見ることができます。より多くの人々を、より長い時間観察できることができます。そして、もちろんそのための方法にも規則があります。学術的ということは、その分野の範囲の方法論でテーマを扱うということです。私のテーマでいえば、人類学のテーマである「日常生活習慣」や、そのなかにあるアイデンティティを描き出す、といったことです。もちろん、それはジャーナリズムでもできると思いますが。

そして、重要なのは、そのプロセスの透明性が確保されているということです。そうすることで、他の学者や研究者の人々が、文章の内容に対して、結論までの納得できるだけの論理性とそのための規則が大事なのです。だから、私たちの人類学の場合、研究方法を明確に記すのが、文章のなかの大きな割合を占めます。つまり、そのテーマと問い建てに対して、適切なメソッドが使われ、そこから適切な結論に帰結しているのか、が重要なのです。ジャーナリズムの場合は、そこの部分はあまり問われないと思います。

調査のためのインタビューにしろ、テーマがあって、それを記事する、というのではなく、論文の方法の中で、そのインタビューがどのような意味を持つのか、文章との関係について書かなければなりません。例えば、ブラジルである女子選手をインタビューしましたが、その場には彼女の家族も同席していました。彼女は、思ったことを素直に答えてくれませんでした。というのも、彼女が何を考えているのか、両親には知られたくなかったからです。そういったことも、インタビューのなかで注として付け加えます。つまり、別の日に両親がいない状況で話をしたら、彼女はまったく違うことを話したのかもしれないのです。そういう状況を書いておいて、いつでも反映できるようにしておくのが大切なのです。研究の視点には、そういったたくさんの要素が詰まっています。

――もし、今「どんな方法で研究を進めているか」と聞かれたら、すぐに答えられる?

ユリア まあ、アーカイブに行ったり、図書館に行ったり……。民俗学者として、ずっとブラジルに住むわけにも行きませんから、学術書をはじめ、書かれたものを頼りにすることになります。アーカイブに行って過去の新聞を探したり、そのなかで女子サッカーがどのように取り扱われ、書かれているかを調べたりしています。そうしてブラジルの女子サッカーの歴史を通時的に調べることができます。そして、現地でのフィールドワークでは、実際にサッカー場に行って人々を観察したり、面白そうな人に話を聞いたりしてみます。練習や大会に実際に参加してみて、そこで人々がどのような行動を取ったり、言葉づかいをしたりしているのかを見たりします。

――「学術的」といわれる材料となるものは、まずは書かれたものかな?

ユリア そう。本や記事のアーカイブといった書かれたもののほかに、インターネット上にも面白いものがあがっていますね。(インターネット?)そうです。ソーシャルメディアはとても有意義ですね。クラブ自身が発信しているのもありますし。特に、ある地域でチームやクラブを探すときに、フェイスブックはとても役に立ちます。

――インターネットの参照元をきちんと表記する必要があるよね。

ユリア そうですね。参照元のアドレスを表記して、タイトル、それがいつのものかを書く必要もあります。後から変更されたり、消されてしまうこともありますからね。

img_03
国立図書館に併設されたイベロアメリカ(スペイン、ポルトガル語圏全般の総称)図書館の
玄関前にあるベルリナー・ベア

――次に中南米に行くのはいつ?

ユリア 2週間後です。(2週間後!?)そう、3カ月。(3カ月!?)そこで、最初の調査が始まります。まずはリオデジャネイロに行って、それからサンパウロですね。今は、オーガナイズの準備をしているところです。ひととおりたくさんの文献を読んだので、実際にそれがどうなっているのかを確認しに行くので、とても楽しみにしています。

――最後に、これを読んでいる若い人たちにアドバイスをお願いしてもいいかな?

ユリア うーん、まずは自分にとって何が楽しめるのかを知ることですね。もし社会に興味があるなら、社会学や文化学は面白いでしょうし。もちろん、そのなかでサッカーという切り口は面白いテーマになるでしょうね。サッカーというスポーツだけではなく、社会問題や社会的なテーマを取り扱うための窓口として見ることも面白いと思います。

――サッカーが社会を研究するための入り口にもなるんだね。今日はどうもありがとう!

ユリア こちらこそ、とても楽しく話すことができました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はここまでです。みなさんには、「サッカー」というものには色んな角度から関わっていけるんだな、ということが伝わればうれしいです。「サッカー」という興味があるレンズを通して、たくさんの世界の見方を身につけてほしいと思います。それでは、チャオ!

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク