最近のコラム

2018年11月06日
ドイツ通信はじめます。


トップコラムワールドサッカー通信局>ドイツ通信  ~Fussball ist sehr einfach, aber das Schwierigste, was es gibt, ist einfacher Fussball.(サッカーは簡単だ。しかし最も難しいのは簡単にプレーすることだ)ドイツ通信はじめます。

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
杉﨑 達哉
ドイツ

ドイツ通信
~Fussball ist sehr einfach, aber das Schwierigste, was es gibt, ist einfacher Fussball.~
(サッカーは簡単だ。しかし最も難しいのは簡単にプレーすることだ)

杉﨑 達哉
神奈川県出身。大学卒業後、2006年にドイツのケルン体育大学入学。同時に指導者としての勉強を始めこれまでU-11からU-23すべてのカテゴリーで指導経験を持つ。また2016/2017シーズンにはU-15レギオナルリーガ(ブンデスリーガ相当)で日本人初の監督としてチームを率いる。また同シーズンにフットサル全国大会でクラブ史上初優勝に導く。2016年にドイツサッカー協会公認A級ライセンス(UEFA A)取得。

ドイツ

ドイツ通信はじめます。

2018.11.06

みなさん、はじめまして。この度、ストライカーDX編集部のご協力でコラムを書かせていただけることになりました杉﨑です。

今回は初めてということで、自分の経歴を少し紹介したいと思います。サッカー指導者の勉強をするためにドイツへ留学をしたのが2004年でした。その後、ケルン体育大学に入学し勉強をしながら指導者としてのキャリアを始めました。

最初はドイツ語もうまくしゃべれないこともあり、いちばん低いリーグに所属するU-11のアシスタントコーチとしてドイツでの指導キャリアをスタートさせました。ここでは「サッカーを楽しむことの大事さ」を感じるとともに、チームの強化を果たせなかった自己の能力のなさを痛感、さらなる自己のレベルアップを図るため、他のクラブチームへ移籍しました。

次のクラブでは組織もしっかりしており、サッカーの技術向上を果たしたい少年たちが多く在籍、初めて監督としてチームを率いる経験をしました。2006年のことです。またこのクラブでの在籍期間中にドイツサッカー協会のライセンスの取得を始めました。ドイツの「指導方法」を本格的に学びだし、チームの成長させることで確固たる自信へとつなげました。

こうした経験を通じ、「楽しくサッカーをする選手の育成」から、さらに「サッカーがうまくなりたい選手の育成」へと飛躍させ、そして「プロサッカー選手として活躍したい選手の育成」への思いを実現させるため、2014年にトップチームが3部リーグでプレーするフォルトゥナ・ケルンのU-13監督として迎えられました。

そして2016年5月に一つの目標であったドイツでA級ライセンスを取得、2016/2017シーズンにはU-15の最高峰であるレギオナルリーガ(ブンデスリーガ相当)で、日本人初の監督としてチームを率いました。香川真司選手が所属するボルシア・ドルトムントやかつて細貝萌選手がプレーしていたレバークーゼン、今季からブレーメンで活躍する大迫勇也選手が在籍していたケルンといった強豪チームと同じリーグでプレーしましたが、力及ばず最終節で降格してしまいました。しかし同シーズンに行われたフットサル全国大会ではU-15の部でクラブ史上初の優勝という快挙を成し遂げました。昨季終了後には次のステップにいくためにフォルトゥナ・ケルンを退団し今季からは2部リーグに所属する別のクラブのU-19アシスタントコーチとして来季のブンデスリーガ昇格を目指し日々トレーニングに励んでいます。

こうして指導者としてチームのトレーニングをする一方、チーム練習では目が届きにくい『個人スキルの上達』を目的に設立されたサッカー個人レッスン会社「proffac」で唯一の日本人トレーナーとしても働いています。ケルン体育大学の学生が作ったこの会社は大学で学んだ理論をピッチ上で実践することをモットーに設立され、8歳から20歳を超えた約80人の選手が登録しています。また実力も街クラブの選手からアンダーの各国代表選手、現役ブンデスリーガなど幅広いです。

このように私はドイツ国内のユース年代において最も低いリーグからトップリーグまでのすべてのレベル・カテゴリーで指導経験を持っています。日本人はおろかドイツ人でも稀なではないかと自負しております。それ故、このコラムでは自分の体験してきたことや最新のトレンドなど、ドイツサッカーに関わる幅広いテーマで書いていこうと思っています。

それではよろしくお願いします。

 

ワールドサッカー通信局トップへ  

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク