最近のコラム

2018年11月28日
Jクラブと海外クラブのゲームモデルの作り方の違い!? サントスFC編


2018年10月10日
ロシアワールドカップ、ブラジル国内の反応


2018年06月15日
正解は1つではない!? ブラジルとドイツの育成制度の違いが面白い!


2018年05月02日
ブラジルの指導者育成&ライセンス事情とは?


2018年03月29日
戦術分析に大事なのはメンタル!? 南米のアナリストの精神性を育む環境


2018年03月12日
ブラジル1部TOPチームってどんな分析方法をしているの!? 試合分析とスカウト


2018年02月06日
ブラジル1部クラブのデータ分析部門に潜入! その手法とは⁉


2017年12月28日
ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部


2017年11月28日
ブラジル1部・ECバイーアの食育


2017年10月24日
ダニエウ・アウベスを育てたECバイーアの育成


2017年10月10日
初代レジェンド・オブ・ベルマーレ! 平塚の闘将ベッチーニョ監督に教わるサッカー


2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~Jクラブと海外クラブのゲームモデルの作り方の違い!? サントスFC編

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■Jクラブと海外クラブのゲームモデルの作り方の違い!? サントスFC編

2018.11.28

Oi gente tudo bem ??(毎度おなじみですが、ポルトガル語で「みなさんお元気ですか?」)

今回は海外クラブとJクラブの、ゲームモデルの作り方の違いについてお話ししたいと思います。

今ではJクラブもフットパスによるコンサルティングを受けているため、ゲームモデルを作ろうという動きが活発になってきました。

ですから、Jクラブにおいては「ゲームモデルとは何か?」という段階は過ぎているとも思います。ただ、実際に他のクラブはどんなゲームモデルがあって、どんな風にゲームモデルを構築していっているのか?

参考になる具体例が欲しい段階かなとも思います。

実際海外でもゲームモデルをかなり細かく作っているチームやそうでないチーム、メリットもデメリットもしっかりあるので、そこも踏まえてお読み下さい。

●サントスFCの場合
サントスFCと言えばペレ、ロビーニョ、ネイマールを輩出した、ブラジルで育成に定評のあるクラブです。

いずれも軽やかなドリブルができる世界のスーパースターですね。

そんなサントスFCのゲームモデルの根幹には、
・ボールは友だち
・遊んでプレーする

というものがあります。

img
img

もちろん、ボールは友たち、遊ぶというのは根幹であって、その先にはもっと細かく育成段階の各年代で目指すべきプレーの計画的獲得目標などがあります。

img

ただし、やはりこの根幹というのは当たり前、大雑把のように見えてもとても大事なものなのだなと思います。

まずは一本の筋があって、そこから枝が分かれる。

この一本さえあればいろいろなものがブレずに進める。

サントスFCのゲームモデルの作り方、育成計画の作り方は、まずは本質から入る、ブラジルらしいやり方と言えますね。

現にペレ、ロビーニョ、ネイマールなどは、楽しそうにボールと遊んでプレーしています。

この根幹が成功している理由でしょう。

ただ、ペレなどが生まれた歴史から、この根幹、チームコンセプトが自信持って形作られたという一面もあります。

チームコンセプトがあったからネイマールが生まれたのか、ペレが生まれた成功例があったからチームコンセプトが生まれたのか。

どちらにせよ、Jクラブにはまだまだヨーロッパや南米と比べて歴史が浅い事実があり、世界的な超有名選手はまだ生み出せていません。

したがって、自分たちの過去の超成功例からゲームモデルを作ることは、まだ難しいのかも知れません。

そこで、海外の超成功例を参考にするというのも1つの手ではあるのかもしれませんね。

フットパスによるコンサルティングでベルギーの成功例が参考になれば、Jクラブにとっては良い見本でしょう。

もしくは、クラブ自身の過去の超成功例からではなく、クラブの存在する地域の歴史からゲームモデルを作ることも1つなのかもしれません。

こういう県民性で、こんなことをやってきた、こんなことが好きだ、それをサッカーに落とし込む。そういうやり方も1つかなとは思います。

今回は“作り方”なので、サントスFCのゲームモデルや育成計画等の全公開は、また別の機会にします。

また別の回ではニューウェルス編、コリンチャンス編、バイーア編、レアル・マドリード編、アトレティコ・マドリード編、ポルト編などを考えています。

クラブによっては限定的な公開にはなりますが、今後も注目よろしくお願いします。

ツイッター
https://mobile.twitter.com/henzanryota

インスタグラム
https://www.instagram.com/ryotahenzan/?hl=ja

Note(記事増加予定)
https://note.mu/ryotahenzan

 

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク