最近のコラム

2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


2017年03月10日
街にサッカー文化を!選手にモチベーションを!クラブ公式ソングの大切さ


2017年01月31日
練習用具


2016年12月28日
鹿島のジーコスピリッツにルーツ。元鹿島・元フットサル日本代表通訳の土井エジソン氏


2016年12月05日
ブラジルのサッカー講習会に参加して来ました


2016年10月26日
まずは遊ぼう! ゴール前の創造性は本質から始まる


2016年10月06日
なぜ日本のサッカー選手たちは遊べないのか? 創造的サッカーの本質


2016年09月20日
オリンピックだけじゃない! Jリーグ選抜や鹿島も参加したリオのジーコ杯は、意外な結果に!?


2016年08月30日
リオオリンピックに通訳として参加しました


2016年08月05日
サッカー通訳という仕事


2016年07月04日
リオオリンピック渡航お役立ち情報! 治安は大丈夫? 渡航費は安くならないの?


2016年06月13日
FC琉球通訳からSCコリンチャンスに復帰


2016年05月10日
根性がない⁉ 日本に足りないのは論理的精神論


2016年03月28日
元川崎ユース・東城利哉がブラジルの州リーグデビュー!


2016年01月25日
ブラジルにおける戦術的ピリオダイゼーション理論PTP


2016年01月12日
シーズン閉幕。ブラジルサッカー2015総括


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ 根性がない⁉ 日本に足りないのは論理的精神論

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■根性がない⁉ 日本に足りないのは論理的精神論

2016.05.10

Oi tudo bom ?? (やぁ!元気?)

今回でブラジル通信は2周年となりました!
いつもご愛読ありがとうございます!

ブラジル通信で取りあげてほしいことがあればTwitterアカウント@HenzanRyotaまでお願いします!

さて、今回のテーマは"論理的精神論"についてです。

日本は昔から根性や忍耐といった、精神力を鍛えることを良しとしてきました。近年ではそんな精神論に対して、反対意見も含めさまざまな意見が出てきており、メンタルトレーニングと精神論の区別なども行われています。

実際のところ、日本人は苦しいことに耐えるという点では、ときに南米や欧州をしのぐ場面がチラホラと見られます。しかし、その一方で、それでも僕はその精神論的な根性すら、見方次第では日本に足りていない部分があるのではないか? と考えています。

それこそが"論理的精神論"です。

例を出しましょう。
僕がペルー1部の強豪、アリアンサ・リマで研修していたころ、下部組織にはPsicólogo(心理学者)が常駐していました。また、以前お世話になっていたコリンチャンスのTOPチームにも、心理学者がいました。

img_01
アリアンサ・リマのGiacomo(ヤコモ)氏

アリアンサ・リマの下部組織では、ヤコモ氏を中心に非常に論理的かつ合理的なシステムを築き、子どもたちのメンタルトレーニングを行っています。ヤコモ氏によると、子どもにとっていちばん大切なのは“自信”なのだそうです。自信を持っていろんなことに挑戦するのが、その子の成長にはとても大切だと説きます。

まずはその目指すべき目標を定義し、優先順位を決めきれている日本のクラブがどれほどあるかを考えると、恥ずかしさもありましたが、私は彼の話にのめり込みました。

そして、自信をつけさせるにはどうすれば良いのか? と尋ねると、彼は「“僕はやればできるんだ、価値のある人間なんだ”と理解させること」だと答えてくれました。

「日本では謙遜するのが良しとされる文化があって、過信や傲慢を嫌う」
「一方で、それに相対するかのように、“褒めて伸ばす教育”というのも流行りだしています」と送ると、ヤコモ氏は、
「褒めるということもしますが、いちばん大切なものはほかにあります。それでは過信なだけで自信ではない子どもが増えてしまいます」

「口で褒めるというより、やらせて実感させるんです」

――ではどうやって?

「できることから段階的にやらせます。それはサッカーでもいいし、サッカー以外のスポーツでも音楽でもテレビゲームだって何だっていい。そして成長を実感させます。まずはできる・自分には価値がある・やれば成長するということを“理解する”ことです」

なるほど、確かに褒めるだけでは教えているだけ。“教えすぎな日本”がここにも出ているのではないでしょうか。

僕が今褒められても恐らく簡単なウソは見抜くでしょう。多感な子どもだって敏感に感じ取るはずです。そもそも、褒められただけなら“証拠”がありません。自信の根拠があやふやな状態では、過信にはなっても自信にはならないでしょう。いわれたことと理解したこととでは、深みが違います。

img_02
アリアンサ・リマの練習の様子

では、例えば選手の心理的サポートのシステムの部分ではどうでしょう? 日本だと選手が自信をなくすなどの精神的問題を抱えていた場合、指導者がすべてケアをしているか、指導者と親とがコミュニケーションをとっていると思います。

その質問をヤコモ氏にぶつけると、
「実は私の専門はスポーツ心理学。アリアンサ・リマでは、主に常駐の私と指導者と親とでコミュニケーションをとっていきます。しかし、中にはさまざまな家庭がありますし、クラブと連携を取ろうとしない家庭や、もっといえば子どもを虐待するなど、子どもの精神障害の原因そのものが親の場合もあります」

「その時には、私の人脈を生かし、家庭環境専門の心理学者に相談したり、任せたりしています。家庭環境以外にも、さまざまなケースに対応できる仕組みがあります」

そのとき、私はふっと思ってしまったのです。
“子どもに理不尽な根性を求めるのは、実は指導者の怠惰の責任を押しつけているだけではないだろうか?”

南米もすべてのチームに心理学者がいるわけではありません。しかし、日本よりは確実に発達しているでしょう。本当のところ、根性がないのは、ここまでのサポートを作れていない、我々大人のほうなのではないでしょうか?

忙しさもあります、しかし心理学者ほど我々指導者は必死こいて選手のメンタルサポートの知識を身につけたでしょうか? 専門家に劣るのであれば、日本人選手のメンタリティーは世界に遅れたままにならないでしょうか。

お金の問題はあります、しかし日本よりはるかに貧しいペルーのクラブがやっています。常駐でなくとも週一で来てもらう、もしくは複数チームで共同で雇うなどの、何か解決策は一度でも考えたでしょうか?

正直、僕はどちらも不足していました。
できないクラブがあるのはしょうがないかもしれませんが、トライしていませんでした。

サッカー指導者だけでなく、学校でも、会社でも、自分の根性のなさを、他人の根性のせいに押しつけてないか?

自問自答しなければならない日々のはじまりです。

img_03

 

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク