最近のコラム

2019年03月15日
【最終回】言語化の最先端!? 緻密なレアル・マドリードのプレーモデル


2018年12月28日
あえてTOPと育成を分ける!? ブラジル1部・ECバイーアのプレーモデル活用法


2018年11月28日
Jクラブと海外クラブのゲームモデルの作り方の違い!? サントスFC編


2018年10月10日
ロシアワールドカップ、ブラジル国内の反応


2018年06月15日
正解は1つではない!? ブラジルとドイツの育成制度の違いが面白い!


2018年05月02日
ブラジルの指導者育成&ライセンス事情とは?


2018年03月29日
戦術分析に大事なのはメンタル!? 南米のアナリストの精神性を育む環境


2018年03月12日
ブラジル1部TOPチームってどんな分析方法をしているの!? 試合分析とスカウト


2018年02月06日
ブラジル1部クラブのデータ分析部門に潜入! その手法とは⁉


2017年12月28日
ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部


2017年11月28日
ブラジル1部・ECバイーアの食育


2017年10月24日
ダニエウ・アウベスを育てたECバイーアの育成


2017年10月10日
初代レジェンド・オブ・ベルマーレ! 平塚の闘将ベッチーニョ監督に教わるサッカー


2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ ブラジルから新たなスターは誕生するのか? ブラジルの育成改革

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■ブラジルから新たなスターは誕生するのか? ブラジルの育成改革

2015.06.22

コパ・アメリカが開幕しました。

我らがブラジルはエース、ネイマールの活躍もあって2-1でペルーを相手に勝利を納めましたが、ロスタイムでのゴールということもあり、最後までどうなるか分からないハラハラした展開に。

実は、ブラジルでコーチをしている私ではありますが、日本と南米全体の国際交流を進めていくため、現在は短期間ですが、ペルー1部優勝22回の名門、Alianza limaというクラブにお世話になっています。

強化部長はErnesto Arakakiという日系人で、他にもペルー日系人チームで指導経験のあるコーチなどもいて、親日的なチームです。

ペルーの後、またすぐブラジルへ戻ります。

当然、ペルーでお世話になるこれらの方々も、僕がブラジル側ということを知っているので、今回のブラジル×ペルー戦は別の意味でも私はハラハラしっぱなしでした(笑)。

さて、カカがブラジル代表に選ばれなくなってからというもの、ブラジル代表は"ネイマール依存性"や"スター不足"といわれる時期に差し掛かっています。

自国ワールドカップでのブラジル1-7ドイツというセンセーショナルな敗北は、1年経った今も世間は忘れてはくれません。

個人的には現チェルシーでコリンチャンスユース出身のウィリアンにも注目していただききたいところではあるのですが(笑)。

そんなウィリアンやネイマールを育てた"ワールドカップ以前の"最近のブラジルの選手育成、そして、"ドイツ戦後の"ブラジル国内での選手育成の変化について、紹介していきたいと思います。

今回は、私の古巣でもあり、ブラジル全国1部リーグ制覇やリベルタドーレス杯準優勝経験もある、ブラジルの名門Atletico Paranaenseで育成部長を勤めている、Luis Kumai氏にも協力して頂きました。

Luis Kumai氏自身が日本人の祖先をルーツに持つ日系ブラジル人で、日本で日本語通訳としても働いた経験があるため、日本、ブラジル、双方に深い知識を持っています。そんな彼の意見は私達日本にとってとても貴重な財産となるでしょう。

img01
闘将ドゥンガ監督とLuis Kumai氏

平安山 オランダでの国際大会、お疲れさまです。お忙しい中、インタビューに応えていただいてありがとうございます。それにしてもブラジルのチームは、国際大会に出場する機会が多いですよね。育成段階から、とても国際経験を重視している印象があります。

Kumai そうですね。国際大会には呼ばれる機会もありますし、積極的に参加しています。

平安山 コリンチャンスの育成にも日本人、韓国人、アルゼンチン人コーチがいます。短期中国人留学生も受け入れたりしています。育成年代でこれほど国際的なチームは、恐らく日本のJリーグではほとんどないことです。Atletico Paranaenseではいかがですか?

Kumai いや、Atletico Paranaenseではそこまで外国人は雇わず、ブラジル人中心でやっていますね。ポルトガル人が2人いるくらいです。

平安山 Jリーグの多くのクラブは、育成年代での外国人コーチはゼロなので、やはり日本人の視点から見るとブラジルの育成現場は国際的だと思います。そもそもブラジルは元々移民が多いので、国内でも国際大会かのような人種の多さがあり、それがサッカーに生きている気がします。Atletico Paranaenseの選手育成の目標はありますか? どんな選手を育てたいですか?

Kumai 選手それぞれに個性があり、強さ・速さ・うまさ・賢さなどを総合的に見ています。その要素の中のどれかだけに当てはめて育てる、ということはせず、Topチームで活躍できる選手を1人でも多く輩出するのが目標です。

平安山 確かに、要素というのは手段であって、目的ではないですね。ブラジルは目的からズレないのがよいところだと思います。我々日本人はとても凝っていたり細かいところが得意ですが、いつの間にか手段を目的にしてしまうことがあります。現在行われているコパ・アメリカの優勝はどこになると思いますか?

Kumai それはやっぱりブラジルですね(笑)。でも、サッカーはサッカー。下馬評はあっても、いざ試合が始まってしまうと何が起こるか本当に分かりません。

平安山 ズバリ、ライバルは?

Kumai それもやっぱり永遠のライバル・アルゼンチンですね(笑)。注目ももちろんメッシ。現在の黄金世代は要警戒選手が多くて大変です。その他にも、チリやウルグアイ、コロンビア、ペルーなどが強敵です。ウルグアイのスアレスが今回出場できないのは、もしかするとブラジルにとってラッキーだったかもしれません。本当に南米はすべての国がサッカー大国。サッカーが人気のない国も弱い国も存在しません。近年は南米2強以外の国が力を伸ばし、本当に試合が始まってみたらどうなるか分からない、それがこのコパ・アメリカだと思います。

次回へ続く

img01
アトレチコ・パラナエンセU15のメンバー

img01
在日当時のLuis Kumai氏

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク