GAKKEN SPORTS BOOKS 最新版サッカールールブック
最新版
サッカールールブック
監修: 高田静夫
著: 三村高之
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。
最近のコラム

2017年03月05日
来年のローレウス賞候補


2017年01月25日
大会の危機


2016年12月21日
キックが大事


2016年12月12日
U-19日本代表のアルゼンチン遠征


2016年11月10日
バビーフットボール


2016年10月19日
南米予選9.10節


2016年10月07日
U-16の珍ゴール


2016年08月24日
アベランジェ死去


2016年08月10日
リオオリンピック開幕


2016年07月26日
二度あることは


2016年07月23日
アルゼンチンサッカー大混乱


2016年06月21日
アモーレ


2016年06月02日
ウルグアイのレスターシティ


2016年05月20日
人の才能


2016年04月01日
ホルヘのクライフ


2016年03月01日
ベンチコートの利用法


2016年02月18日
PKなんて


2016年02月09日
審判受難


2016年01月21日
あわやネイマール


トップコラムワールドサッカー通信局>南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~ 南米予選9.10節

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
ホルヘ・三村

南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~

ホルヘ・三村
1960年10月23日生まれ。東京都出身。元々の南米サッカー好きが、89年のコパ・アメリカ取材を契機に沸騰。91年、気がつけば職を捨て、単身エクアドルに立っていた。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、コパ・リベルタドーレス、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグを取材している。そのかたわら、酒を中心とした南米各国のナイトライフにも造詣が深い。というよりそれに溺れ、酒とサッカーの日々を送っている。

アルゼンチン

■南米予選9.10節

2016.10.19

 ワールドカップ南米予選第9節は、ワンサイドゲームが多かった。2連敗して失速中のエクアドルは、ホームにコパ・アメリカ王者のチリを迎え3-0の快勝。首位のウルグアイもベネズエラを3-0で一蹴した。極めつけはブラジル。ボリビア相手に5ゴールを挙げての完封勝ち。エースのネイマールは1ゴール2アシストの活躍だったが警告を受け、累積により次戦は出場停止となった。次の相手はアウェイとはいえ最下位のベネズエラで、その後にはアルゼンチン戦が控えている。したがってボリビア戦で故意に警告を受け、累積を清算して大一番に臨むという作戦もありうる。しかし、この警告は相手の挑発にカッとなってのもの。オリンピックでは努めて冷静さを保ち辛抱していたネイマールだが、キレやすい性格は治っていないようだ。ハメス・ロドリゲスが故障中のコロンビアは、代役で10番を背負ったカルドーナがロスタイムに決め、アウェイでパラグアイを1-0で下した。

 アルゼンチンも頼みのメッシが故障で不在。バウサ監督は、イグアインを1トップに据え、その後方に左からディ・マリア、アグエロ、売り出し中のディバラという攻撃布陣でアウェイのペルー戦に臨んだ。先制はアルゼンチン。DFのフネス・モリがCKから代表初ゴールをマーク。しかしペルーは主砲ゲレロが振り出しに戻す。すると今度はアルゼンチンの主砲イグアインが決めて引き離す。そして83分、マスチェラーノが後方へまさかのミスパス。これをゲレロが奪いゴールに突進するところをフネス・モリが倒しPKとなり、2-2で引き分けた。アルゼンチンは前節のベネズエラ戦に続き格下相手に勝ち点1しか挙げられず、プレーオフ回りとなる5位に順位を落とした。

 続く第10節、エクアドルは0-2からE・バレンシアの2発でボリビアと引き分け、チリもビダルが2ゴールを挙げペルーに2-1で勝利。ブラジルは危なげなくベネズエラを2-0で退けた。好ゲームだったのはコロンビア対ウルグアイ。ホームのコロンビアが先制するもウルグアイはスアレスのゴールなどで逆転に成功。スアレスはこれでワールドカップ予選通算19得点となり、元アルゼンチン代表のクレスポの記録に並んだ。しかしコロンビアが最後に追いついて2-2で終了した。

 ペルー戦から5人を入れ替えたアルゼンチンはホームでパラグアイと対戦。常に優位に進めるものの、試合を支配しているという感じではない。中盤の選手はボールを奪われることを恐れて攻めきれず、パスが欲しいFW陣と呼吸が合わない。18分にカウンターから失点すると消極さは増し、縦パスに頼ることでオフサイドが目立つようになる。後半立ち上がりにPKを得るもアグエロがGKに阻まれ、そのまま無得点で終戦。順位は5位で変わらないものの、6位のパラグアイと勝ち点1差、7位のチリとは同2差。次節、アウェイでブラジルに敗れパラグアイとチリが勝てば、一気に7位へ転落してしまう。一方上位では、ブラジルがウルグアイを交わして首位に浮上。南米の二強の明暗が分かれた。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク