最近のコラム

2019年02月20日
リヌスのトレーニング1日編


2019年02月19日
リヌスのプログラムトレーニング


2019年02月13日
ボランティアコーチを助ける秘密兵器


2018年12月11日
オランダ人監督は欧州で結果を出しているのか?


2018年11月13日
190ページのレポート パート3 ~オランダサッカー協会のビジョン~


2018年10月30日
190ページのレポート パート2 ~選手成長の4原則~


2018年10月05日
190ページのレポート


2018年08月01日
なぜ試合の形式の改革を行ったのか?


2018年07月23日
少年サッカーにおける新しい試合の形


2018年06月26日
オランダマスタープラン


2018年06月05日
オランダ代表U-17ヨーロッパ選手権優勝と地道な改革


2018年05月14日
オランダリーグの観客動員数2000年—2017年


2018年04月13日
オランダの指導者の給料事情


2018年03月20日
Wat is de Hollandse School?


トップコラムワールドサッカー通信局>オランダ通信 ~Wat is de Hollandse School?~ リヌスのプログラムトレーニング

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
長島 大
オランダ

オランダ通信
~Wat is de Hollandse School?~

長島 大
愛知県出身。早稲田大学ア式蹴球部、サラリーマンを経て、2011年8月にオランダに渡る。様々なアマチュアクラブで研修、監督として経験を積み、現在オランダ最古のクラブ、De Koninklijke Haarlemsche Football Club(オランダ3部)のU17の監督として活動中。オランダサッカー協会公認レベル3(UEFA C)、日本サッカー協会公認C級を保持。
ホームページ http://dai-nagashima.com/

オランダ

■リヌスのプログラムトレーニング

2019.02.20

前回のコラムで、オランダサッカー協会が作成したアプリ、RINUS(リヌス)について紹介しました。今回はその具体的な中身について紹介します。今回紹介するのは、その中でも数週間にわたるプログラムについてです。

img

先日もお伝えしたように、このプログラムは週に1回もしくは2回トレーニングするチームのために作られました。年齢、1週間のトレーニング回数、フィールドの大きさでソートすることができ、これまでに30以上のプログラムが作成されています。

以下の内容でソートしてみると、全部で6つのプログラムを選ぶことができました。

年齢:6歳
1週間のトレーニング回数:週2回
フィールドの大きさ:フィールドの4分の1

それでは1つのプログラムを紹介します。これは8週間用のプログラムです。

img

年齢:6歳から7歳
選手の人数:8人から12人
フィールドの大きさ:フィールドの4分の1
期間:週2回のトレーニング8週間
目的:体の使い方とボールの扱い方の向上

img

week1-training1
1.ドリブル鬼ごっこ
2.スタジアムゲーム(ドリブルしながらコーチが指すエリアに移動する)
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す)
4.1対1(決められたコーンの間をドリブルで抜けたら勝ち)

week1-training2
1.鬼ごっこ(鬼は2人から4人)
2.コーン通過ゲーム1(決められたエリアにあるコーンの間をドリブルで通過する)
3.ライオンキング(鬼からタッチされないようにドリブルで逃げる)
4.2対2withミニゴール

img

week2-training3
1.ドリブルカーゲーム(エリア内でドリブルする。発進したり停止したりする)
2.コーン通過ゲーム2(通過ゲーム1と同じルールで鬼がボールを奪いにくる)
3.通過ゲーム(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで反対側を目指す)
4.1対1(敵の後ろにあるコーンの間をドリブルで抜けたら勝ち)

week2-training4
1.飛行機(ボールなしで自由にエリア内を飛行機になったつもりで走る)
2.ワニゲーム(エリアの真ん中にあるコーンをワニ(鬼)にタッチされないようにドリブルで回って帰ってくる)
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す)
4.2対2withミニゴール

img

week3-training5
1.通過ゲーム(ボールを持たない敵が1人妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す)
2. ライオンキング(鬼からタッチされないようにドリブルで逃げる)
3. 通過ゲーム+シュートwith2ミニゴール(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指し、最後にGKがいるゴールにシュートする)
4.1対1withミニゴール

week3-training6
1.通過ゲーム(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す)
2.ドリブルチャンピオンwith鬼1人(決められたエリア内をボールを奪われないように逃げる。最後までボールを奪われなかった選手が勝ち)
3.コーン当て(2人組でパスによってコーンにボールを当てる)
4.2対2withミニゴール

img

week4-training7
1.通過ゲーム(ボールを持たない敵2人が同じラインに立ちながら妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す)
2. ワニゲーム(エリアの真ん中にあるコーンをワニ(鬼)にタッチされないようにドリブルで回って帰ってくる。)
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す。その間にGKが立つ)
4.1対1with4ミニゴール

week4-training8
1.通過ゲーム(ラインに2つの通り抜けられるコーンを設置。その間をドリブルで通過。コーンが置かれたラインの上を妨害者が1人邪魔してくる)
2.通過ゲーム+シュートwith少年用ゴール(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指し、最後にGKがいるゴールにシュートする)
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す。その間にGKが立つ)
4.2対2with少年用ゴール

img

week5-training9
1.ドリブルチャンピオンwith鬼4人
2.通過ゲームwith 2人の妨害者(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す。通過しなければならないゾーンは2つ)
3.ライオンキング(鬼からタッチされないようにドリブルで逃げる)
4.1対1with4ミニゴール

week5-training10
1.鬼ごっこ(鬼は2人から4人)
2.ドリブルカーゲーム(エリア内でドリブルする。発進したり停止したりする)
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す。時間ごとに2人組の距離を変えて行う)
4.2対2with4ミニゴール

img

week6-training11
1.ドリブル鬼ごっこ(鬼も含めて全員がボールを持つ)
2.コーン通過ゲーム3(通過ゲーム1と同じルールで1人の鬼がボールを奪いにくる)
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す。その間にGKが立つ)
4.1対1withミニゴール

week6-training12
1.ドリブルチャンピオン
2.通過ゲームwith 2人の妨害者(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す。通過しなければならないゾーンは2つ)
3.ドリブルシュート レベル1(コーンの間を通過してシュート。ゴールの中に置いてあるコーンに当たればボーナスポイントがもらえる)
4.2対2withミニゴール

img

week7-training13
1.ワニゲーム
2.通過ゲームwith1人の妨害者
3.ゲートシューティングゲーム(2人組でコーンとコーンの間にパスを通す。時間ごとに2人組の距離を変えて行う。)
4.2対2withミニゴール

week8-training14
1.飛行機
2.通過ゲームwith 2人の妨害者(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す。通過しなければならないゾーンは2つ)
3.ドリブルシュート レベル1(コーンの間を通過してシュート。ゴールの中に置いてあるコーンに当たればボーナスポイントがもらえる)
4.2対2with4ミニゴール

img

week8-training15
1.スタジアムゲーム(ドリブルしながらコーチが指すエリアに移動する)
2.コーン通過ゲーム1
3.通過ゲームwith 2人の妨害者(ボールを持たない敵が妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す。通過しなければならないゾーンは2つ)
4.1対1(決められたコーンの間をドリブルで抜けたら勝ち)

week8-training16
1.鬼ごっこ(鬼は2人から4人)
2.通過ゲームwith 2人の妨害者(ボールを持たない敵2人が同じラインに立ちながら妨害する中、ドリブルで全員が反対側を目指す。かつ通り抜けられるのはコーンとコーンの間のみ)
3.6対2通過ゲーム(ボールを持たない敵2人が同じラインに立ちながら妨害する中、ドリブルで6人全員が反対側を目指す。協力しながら6人全員が反対側に行ければ得点
4.2対2withミニゴール

プログラムに含まれるトレーニングを簡単な説明と共に並べて見ました。このプログラムを見て感じたことは、この年代に必要なこと(オランダサッカー協会が設定)がしっかりと含まれており、簡単なトレーニングから難しいトレーニングへときちんとステップが踏まれて作成されていました。チーム状況などによってある程度の調整や工夫は必要かもしれませんが、このプログラムに沿ってトレーニングを行うことで選手たちはサッカーを楽しみながら少しずつ成長することができるのではないかと感じました。次回は1日のトレーニングをできるだけ細かく紹介できればと思います。

画像は以下から参照
(オランダサッカー協会公式サイトhttps://www.knvb.nl/assist-trainers/rinus

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク