最近のコラム

2018年04月13日
オランダの指導者の給料事情

2018年03月20日
Wat is de Hollandse School?

トップコラムワールドサッカー通信局>オランダ通信 ~Wat is de Hollandse School?~ Wat is de Hollandse School?

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
長島 大
オランダ

オランダ通信
~Wat is de Hollandse School?~

長島 大
愛知県出身。早稲田大学ア式蹴球部、サラリーマンを経て、2011年8月にオランダに渡る。様々なアマチュアクラブで研修、監督として経験を積み、現在オランダ最古のクラブ、De Koninklijke Haarlemsche Football Club(オランダ3部)のU17の監督として活動中。オランダサッカー協会公認レベル3(UEFA C)、日本サッカー協会公認C級を保持。
ホームページ http://dai-nagashima.com/

オランダ

■Wat is de Hollandse School?

2018.03.20

この度、ストライカーDXでコラムを書かせていただくことになりました、オランダでサッカー指導者として活動する長島です。オランダに来て、早いもので約6年が経ちました。現在、De Koninklijke Haarlemsche Football Club(オランダ3部)のU17の監督として活動しています。

今回はコラムのタイトルでもある「Hollandse School ホーランドスクール」についてです。初めてこの言葉を聞いたのは、サッカーには全く興味のなさそうなオランダ人女性からでした。今でも忘れませんがコーヒーを飲みながらサッカーに関して永遠に語り出したのです。

オランダ代表やオランダリーグのことはもちろん、サッカーとは何か、オランダサッカーが世界の中で一つの学校として位置づけられていることなど、内容は多岐に渡りました。

当時の私にとってこれは大きな驚きでした。日本では私が知る限り、同じくらいの年齢の女性がサッカーに関して多くを語るところを見たことがありませんでした。これがオランダなんだなと深く実感した瞬間でした。ご存知かもしれませんが、オランダではサッカーが国技とされ、自転車に10分も乗ればサッカークラブを見つけることができます。そこでは老若男女の人たちがボールを蹴っていたり、クラブハウスではサッカーについてビールを飲みながら語っています。サッカーが生活の一部になっていることを垣間見れる瞬間です。

img

img

少し話しがそれてしまいましたが、「Hollandse School ホーランドスクール」についてです。このホーランドスクールという言葉はコーチライセンスを持ち、プロクラブで働いている人たちで構成された協会(Coaches Betaald Voetbal)でもこう定義されています。以下、意訳です。

「サッカーは芸術の形である。 ホーランドスクールはオランダのアーティストたちの総称である。このニックネームは、オランダ絵画の盛んな時代に始まり、彼らの独特な絵画のスタイルによって育まれた。サッカーのコーチ、監督は今日のレンブラントである。 オランダのコーチ、監督は、典型的なウイングの選手をプレーさせ、美しくかつ攻撃的な独自のサッカースタイルを持っている。サッカーファンの間では世界的に『トータルサッカー』として知られている。」

現在、オランダは、ヨーロッパカップ、ワールドカップを逃し、低迷期とされています。そんな中、少しずつですがさまざまな改革が進められています。コーチや監督たち間ではホーランドスクールとは何かについて、それぞれが独自の意見、独自のサッカー感を発信しながらさらにサッカーを発展させようとしています。

なぜ、スペイン、バルセロナが、バイエルン、ドイツが強くなったのか、ベルギー代表がなぜ次々と素晴らしい選手を輩出しているのか。すべてはホーランドスクールから始まったと言っても過言ではありません。また、オランダが力を取り戻すときが必ずやってくると私は信じています。そんなホーランドスクールに関してオランダサッカーの一つの情報源としてコラムを書いていけたらと思っています。それでは、今後ともよろしくお願いします。

img

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ  

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク