平成29年度全国高等学校総合体育大会
サッカー競技大会 男子 準決勝
流通経済大学附属柏高校-前橋育英高校

2017年08月03日

平野貴也(フリーライター)取材・文・写真

17年8月3日(木)12:00キックオフ/ひとめぼれスタジアム宮城/観客800人/試合時間70分
流通経済大学附属柏高校
1 1-0
0-0
0
前橋育英高校
関川郁万(前半20分) 得点者  

流経大柏が、トリプルマンマーク策で前橋育英を完封した。流経大柏は、相手のツートップとゲームメーカーをマンマーク。ターゲットが機能しなかった前橋育英は後手に回った。流経大柏は、前半20分に⑤関川郁万が左CKから豪快なヘディングシュートを決めて先制。前橋育英は、後半に投入された⑬宮崎鴻が空中戦で競り勝ち、背後に抜け出た⑰高橋尚紀がPKを獲得したが、シュートを止められて失敗。追いつく機会を逃した。流経大柏は、2年連続の決勝進出を決めた。

選手層の厚さを見せつけるように
流経大柏が柔軟な対応で勝利

対人戦に強い選手が何人もいる、流経大柏の強さが際立った試合だった。前橋育英のFW④榎本樹、⑰高橋尚紀、さらにボランチで主将のMF⑭田部井涼にマンツーマンの守備を徹底。特に、2年生DF⑤関川郁万が出色の出来で、前橋育英に制空権を渡さず、相手の前線に起点を作らせなかった。⑤関川は、前半20分に左CKからハンマーヘッドをさく裂させて先制点をマーク。ストッパーでありながら、通算4得点で得点王の可能性が見えてきた。

試合の最大の見どころは、1点を追う前橋育英が後半4分に巨躯を誇るFW⑬宮崎鴻を投入した後の、流経大柏の対応だった。右DFで先発していた③加藤蓮をセンターバックに移し、ボランチ起用の⑯三本木達哉を右DFへ移行。⑬宮崎との競り合いは、⑤関川が対応した。

右DF③加藤は、この大会でユーティリティー性を発揮している。初戦から右DFで先発していたが、攻撃参加の鋭さが評価されて、準々決勝では右MFでプレー。PK獲得で勝利に貢献した。この日は、右DFで先発して途中からセンターバックでプレーした。2日で3役をこなした③加藤は「昨日とは仕事が全然違う。ちょっとテンパって(混乱して)、あまりうまくやれたとは思わないけど、無失点で勝てたことは良かった。最初は、相手の13番には自分が行く予定だったんですけど、体が強くて。(関川)郁万が『オレがつこうか』と言ってきたので、マークを代わって、4番につきました。1対1の強さを期待されて起用されたと思うので、4番に仕事をさせなかったところは、良かったと思います」と試合を振り返った。

③加藤の存在は、前橋育英のパワープレーを防ぎきった理由の一つに挙げられる。小学生のころから上の学年に混ざってプレーすることが多く、GK以外の全ポジションを経験してきたというだけあって、急な任務変更もしっかりとこなした。「いろんなポジションをこなせるのが、僕の持ち味でもある。インターハイは、登録人数が少ないので、自分がユーティリティー性を出していければ良いと思った。どんな相手でもしっかりと仕事をして、日本一になりたい」と次戦に視線を向けた。

攻撃では1トップに⑨後藤大輝、⑮近藤潤、⑪安城和哉の3選手がリレー出場し、運動量を落とさずに相手の背後を狙い続けた。準々決勝で流経大柏に敗れた長崎総科大附の小嶺忠敏監督が指摘していた選手層の厚さを、この試合でも存分に見せつけた格好だ。前橋育英は前線に起点が作れず、新潟への加入が内定している左DF⑮渡邊泰基が攻撃参加する場面をなかなか生み出せなかった。相手のマークを外して⑬宮崎が競り勝ったシーンからPKを獲得したのが最大のチャンスだったが、⑰高橋のシュートがGKに防がれて勝機を逸した。流経大柏の失点は、準々決勝で喫した1点のみ。トーナメント戦でロングパス多用の割り切ったサッカーをすると、とにかく強い。2年連続の決勝進出で、9年ぶり2度目の優勝を狙う。

img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ