高円宮杯U-18サッカーリーグ2016
チャンピオンシップ
青森山田高校(EAST王者)-サンフレッチェ広島ユース(WEST王者)

2016年12月18日

松岡健三郎(ストライカーDX編集部) 取材・文・写真

2016年12月17日(土) 13:00キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2002/試合時間90分+延長20分+PK戦/観客12503人
青森山田高校
0 0-0
0-0
4PK2
0
サンフレッチェ広島
ユース
  得点者  
img
初優勝に輝いた青森山田高校

 プレミアリーグイーストで、最終節2位のFC東京U18との直接対決を制して、優勝を飾った青森山田と、プレミアリーグウエストを圧倒的な強さで優勝した広島ユースの対戦となった今年のプレミアリーグチャンピオンシップ。

 埼玉スタジアムには12503人の観客が詰めかけた。試合は序盤から拮抗し、先制点が重要になりそうな展開。青森山田は、前半17分DFラインからの丁寧なビルドアップから、左サイドを攻め上がり、細かいつなぎで、多くの選手が絡みゴールへ迫る。一度GK㉑大迫敬介に止められ、こぼれ球に詰めて、ゴールと思われたがオフサイド判定でノーゴール。続く19分には、広島が逆襲。右サイドからのクロスを⑲仙波大志がヘディングで狙うがボールは枠の外。

 これで試合が動き始めたかに見えたが、その後は膠着状態が続いた。後半は、青森山田がDFラインを上げて、広島のくさびのパスを切断。チャンスの数はお互い減っていき、延長戦でもゴールが生まれずPK戦へ。広島が先攻で、1人目⑧藤原慶人が右足で蹴ったボールはGK①廣末陸がセーブ。広島は4人目も外してしまい、迎えた青森山田の4人目。決めれば勝ち。「PKはたくさん練習してきたので落ち着いてできました」と4人目のキッカーを務めた①廣末が語ったように、青森山田は4人すべて決めて、初のプレミアリーグチャンピオンとなった。

 高校チームが勝ったのは13年の流通経済大柏以来の2校目となった。

img
広島⑩山根永遠のドリブル突破についていく青森山田④橋本恭輔
img
青森山田⑪鳴海彰人が広島④里岡龍斗をドリブルでかわす
img
PKを止めて、決めたGK①廣末陸

 

青森山田高校も出場。
「第95回全国高校サッカー選手権」パーフェクトガイド掲載。
ストライカーDX2017年冬号発売中!

ストライカーDX2017年冬号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ