第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
決勝 青森山田-流通経済大柏

2019年01月14日

森田将義(フリーライター)取材・文
松岡健三郎(本誌)写真

19年1月14日(月祝)14:08キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2〇〇2/観客54,194人/試合時間90分
青森山田
3

1-1
2-0

1
流通経済大柏
壇崎竜孔(前半40分)
壇崎竜孔(後半18分)
小松慧(後半43分)
得点者 関川郁万(前半32分)

序盤から一進一退の展開が続く中、先手を奪ったのは流通経済大柏。前半32分に右CKから、⑤関川郁万がヘディング弾をたたき込んだ。追いかける展開を強いられた青森山田だったが、焦らずに⑥天笠泰輝を中心にパスをつないで攻撃のリズムを作り、40分には⑨佐々木銀士の飛び出しから⑩壇崎竜孔が同点弾をマーク。後半18分には右サイドを突破した⑪バスケス バイロンのパスから⑩壇崎が2点目を奪い、逆転した。終盤は流通経済大柏のパワープレーを受けたが、終了間際に⑬小松慧が3点目決めて勝負あり。3-1で熱戦を制した青森山田が、2度目の日本一に立った。

2つの危機を「負けず嫌い」たちが乗り越えた
青森山田が2度目の日本一

「後出ししてでもジャンケンで勝ちたいタイプ」。そう笑いながら自己分析するのは、2年ぶり2回目の選手権優勝を達成した青森山田・黒田剛監督だ。今年のチームは、そうした負けず嫌いな指揮官に似ているタイプの選手が多いのが特徴かもしれない。

勝ち上がりにも、彼らの性格はよく表れており、準々決勝の矢板中央戦では先制点を許しながらも④二階堂正哉の2ゴールで逆転勝ち。準決勝の尚志戦も後半終了間際に⑬小松慧の同点弾で追いつくと、PKの末に勝利した。黒田監督は「プランが崩れても持ち直せるのが今年のパワー。負けん気が強くなければ、こうした舞台で勝てない。そうしたメンタルの部分は2年前の(初優勝した)チームに似ている」と口にする。

ただ、負けん気が強い選手が多い故に、チーム作りとしては難しさがあったのも事実だ。今年の代は負けん気と同時に個性も強く、そうした性格がチームにマイナスの影響を及ぼすことも珍しくなかった。チームが下降線を描きそうになったタイミングで、指揮官がおこなってきたのが一種のショック療法で、「心を動かすのは危機感が必要。慢心的な気持ちが過信につながって、パフォーマンスが落ちてくるので、常に悲劇を糧にしながら、やってきた」という。

今年の代にとって悲劇と言えるのは、夏のインターハイだ。2回戦での昌平戦では、優勝候補との前評判どおり2点を先行したが、そこから4失点し逆転負け。黒田監督は当時について、こう振り返る。「負けた原因が明らかだった。2点リードしてからみんながやるべきことをやらなくなった。『3点目を取るのは俺かな?』って、前に4、5人くらい残って守備しなくなって、取り返しがつかなくなった。チームになってなかったと思う」

夏の敗戦によって、現状に危機感を覚えたチームは、インターハイ明けのプレミアリーグEASTで5勝1分とハイペースで勝ち点を積み上げ、優勝争いを繰り広げたが、第16節からは2試合連続で白星をつかめず、プレミアのタイトルを逃した。「いいところまで行くんだけど、勝ち切れない、(タイトルを)取り切れないのは何が理由かを考えた」黒田監督は12月に入ってから、自らの手でチームに悲劇を加える。選手権で優勝候補と呼ばれ、勘違いしてもおかしくない状況を打開するために、キャプテンをJリーグ札幌内定の⑩檀崎竜孔から、①飯田雅浩に代えたのだ。「失敗覚悟で科学反応を起こそうとした。ただ、今年の選手なら絶対にまとまってくれるだろうとも確信していたから、敢えてぶち壊して突き放して再構築するのを試みた」(黒田監督)。

プレミアリーグから終わってから組んだ練習試合は、直前の御殿場合宿で実施した1試合のみ。「試合なんかやっている場合じゃないという状況まで持って行ってからチームを作っていた。試合に飢えた状態だったと思う」(黒田監督)ことが結果として奏功した。「一つになればパワーはあるのに、ずっとバラバラだった。そうした状態でチームが崩れたので、ミーティングを繰り返し、選手権の決勝まで学び続けようと決めた」と振り返るのは⑪バスケス・バイロンだ。

チームを再構築したことで、ワンランク上へと成長したチームは、初戦となった2回戦で草津東に6-0と大勝。続く3回戦では、優勝候補との呼び声も多かった大津にも3-0で勝利した。準々決勝以降は相手に先手を許す展開が続いたが、指揮官が「大会というのは生き物。いいことばかりでは絶対に終わらない。悪い流れで勝ち上がって反省材料を持って次に進めることが、いちばん有難い」と話したように、危機感を持って次に進めたのは彼らにとって理想的だった。危機感をプラスの力に変え続けるのは決して簡単なことではない。だからこそ、負けず嫌いな彼らが刻んだストーリーは称賛に値するだろう。

監督・選手コメント
青森山田・黒田剛監督
準々決勝からすべて先制点を奪われながら逆転勝ち。我々が描いていたゲームプランとは異なった展開が続いてきたのですが、選手たちは気持ちをコントロールしながら戦ってくれました。逆転できるチームに成長した選手を褒めたいです。ここ数年は準優勝した翌年にリベンジを果たす構図ができていました。昨年、準優勝した流通経済大柏がそこをモチベーションにしてくる中で、我々は1年間の悔しさよりも、雪深い青森という地を選択し、自分を鍛えるため敢えて厳しい環境に挑んできた今までの決断を信じて最後まで戦いなさいと伝えました。ヤンチャなところがある学年でしたが、最後は日本一のチームに成長してくれた。教え子ながら感謝したい。

青森山田・④二階堂正哉
チームとしてあきらめない気持ちや、戦う姿勢を前面に出せた結果が優勝につながった。先制される試合が多かったのですが、攻撃陣には自信があったので、焦らず自分たちのサッカーを貫こうと考えていました。今日は失点してから選手で集まって、もっとサイドを使って広く攻めようと話しました。先制されましたが、準々決勝からずっと先制された状態で戦ってきたので焦りはなかった。ずっと目標にしてきた優勝を達成してきたので、3年間頑張ってきて良かったなと思います。親だったり、支えてくれた方々に感謝したいです。

青森山田・⑥天笠泰輝
インターハイに負けてから、練習での目の色が変わりました。あの負けがなければ今の僕たちはありません。負けたことをプラスに捉えてやってきた結果が、選手権に出たと思います。自分たちは本当の負けず嫌いなので、先制点を食らっても追いつけると思っていました。自分たちは攻撃も守備も、1対1で負けません。選手権でもチーム全体で成長することができて、本当に良かったです。

青森山田・⑪バスケス バイロン
まさか日本一になれるなんて思ってもいなかったし、3点目入った時点でちょっとうるっときてて、優勝の瞬間はうれし涙で倒れました。小学校の先生や小中のコーチとか、親も含めていろんな人が見に来てくれて、本当に最高でした。幸せでした。

流通経済大柏・本田裕一郎監督
悔しいです。準決勝のデータは走行距離をはじめすべてが最高だったのですが、今日は5試合の中で最低のデータが出ると思います。負けるべくして負けたと思っています。試合前、選手には「とにかくボールを取れ」と指示しました。お互いに大味な試合になると予想していたので、特にセカンドボールがカギになると思っていたのですが、ほとんど取れなかった。セットプレーからの得点が多かったので、もっと攻撃力のところを改善しないといけません。それが今回の反省です。

流通経済大柏・⑭左部開斗
1年間、ここでリベンジすることしか考えていなかったので、もっとやれたのではないかという後悔ばかりが残ります。日々の練習からもっとスキを作らずにやれたんじゃないかとか、ココ(決勝)をイメージして練習に取り組めていたのかとか。(青森山田は)攻撃力が圧倒的に僕らのチームより上回っていたと思いますし、守備がウリの自分たちでしたけど、それでもゴールをこじ開けてくるような攻撃は、本当に脅威に感じました。この試合で出た課題は、今後の自分のサッカー人生に役立てたいと思います。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ