第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 1回戦 米子北-国士館

2019年01月01日

粂田孝明(本誌)取材・文
松岡健三郎(本誌)写真

18年12月31日(月)12:05キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/観客5,411人/試合時間80分
米子北
1 1-0
0-0
0
国士館
﨑山友太(前半7分)
得点者  

風が強く序盤からロングボールが多めの大味なプレーが目立つ中、米子北が立ち上がりの7分に⑪原田海の右クロスを⑭﨑山友太が右足で蹴り込み先制点を奪う。その後は中盤で激しいボールの奪い合いが続き、攻守がめまぐるしく入れ替わる展開に。後半に入っても膠着状態が続き、両者ともゴールに迫るもスコアを動かすことができず、このままタイムアップ。昨年度ベスト8の米子北が辛くも初戦をものにした。

ねばり強さで上回った米子北が
国士館に格の違いを見せつけた

米子北の強みの一つが走力とスタミナ。地元・鳥取の砂浜トレーニングで鍛え抜かれたフィジカルの強さがこの試合でも存分に発揮された。事前にしっかりとスカウティングをして国士館の強みが「パスワークでの攻撃」と「ねばり強さ」にあると全員で共有。それを寸断するために取った作戦が、「相手を上回るねばり強さ」で勝つことだった。具体的にいうと、「マッチアップする相手には負けないようにし、1人だけでなく、2人、3人とグループでボールを奪いに行くこと」(㉗佐野海舟)だった。

風の影響もあってセーフティーなロングボールが飛び交っていたが、これに対してはCB⑲高橋祐翔と④阿部優貴がきっちり跳ね返すと、そのこぼれ球をボランチの㉗佐野と⑧高橋諒が持ち前のねばり強さでマイボールにし、ピンチの芽を摘み取った。

さらにそのボールを横パスではなく、裏のスペースめがけて素早く送り込み、スピードのある⑪原田海や⑭﨑山友太を走らせて、ゴールに迫るプレーを繰り返した。これにより、相手のラインを下げさせるとともに、スタミナを消耗させていった。

対する国士館は、持ち味であるサイドを起点としたパスワークで攻撃を形作ろうと試みたが、配給元のボランチ⑦長谷川翔にマッチアップした米子北の㉗佐野と⑧高橋諒の寄せが速く、思うようにボールを持てなかった。それでも⑦長谷川は何度か有効なパスをサイドに送り込んだが、素早く詰められてスペースを消され、ゴールに結びつくようなチャンスを作り出すことできなかった。さらに相手に素早く裏のスペースへ蹴り込まれたことでリズムを狂わされ、国士舘が理想とするサッカーをほとんど見せることができなかった。

国士館は、15年ぶりの全国大会ということで、学園全体でバックアップする体制を取り、国士舘大学と練習試合を行うなどし、イチからチームを鍛えなおしてこの選手権に臨んでいた。しかし結果は悔しい1回戦敗退。上野晃慈監督は「15年ぶりに全国大会に出てきて、やはり経験不足があった」と肩を落とした。

一方の米子北は9年連続で全国の舞台に進出し、しかも昨年度は同校史上最高のベスト8を記録。国士舘にとってはまさに格の違いを見せつけられた格好となった。

監督・選手コメント
米子北・中村真吾監督
相手もねばり強さがあり、そこでの戦いで勝ったほうが試合に勝つと思っていた。後半はピンチがたくさんあり、どちらに転ぶかわからなかった。(得点のシーンは)あの時間帯はチャンスが続いていたので、その流れで取れた。ただもう1点取りたかった。

米子北・㉗佐野海舟
相手をしっかり研究できていて、ねばり強さがあったので、それを上回るねばりが必要だと思っていた。そのために自分がマッチアップする相手には負けないようにし、1人だけでなく、2人、3人とグループでボールを奪いに行くことも心掛けた。それができていたと思う。

国士館・上野晃慈監督
選手たちの動きが硬くて、やられてはいけない時間帯で点を取られてしまった。ただベンチでは落ち着いていた。長いボールで中盤を飛ばされてしまい、もっとパスをつなげるかと思ったができなかった。⑦長谷川翔がボールをよく拾っていたが、両サイドにスペースがなかった。15年ぶりに全国大会に出てきて、やはり経験不足があった。

img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ