第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 尚志-神村学園

2018年12月31日

竹中玲央奈  取材・文
佐藤博之 写真

18年12月31日(月)14:10キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/観客3,908人/試合時間80分
尚志
1 0-0
1-1
PK
5-3
1
神村学園
伊藤綾汰(後半15分)
得点者 隈元聖也(後半40+1分)

互いに決定機を作ることができなかった前半から打って変わり、後半になってゲームは動いた。尚志は7分に⑩伊藤綾汰を投入。足元の高い技術と突破力に長けるジョーカーで攻撃を活性化させると、その⑩伊藤が15分にCKのこぼれ球を押し込んで先制点を決める。その後も尚志のペースで時間は進むが、終了間際の40+1分。ゴール前正面で得たFKを③隈元聖也が直接沈め、神村学園が土壇場で同点に追いつく。直後に尚志はその後を見据えPKストップを得意とする⑯鈴木康洋を投入。80分で1−1となり進んだPK戦で、⑯鈴木は見事2人目の③隈元のキックをストップ。尚志は全員が成功させ、東福岡との2回戦へ駒を進めた。

尚志の2年生エースストライカー・染野唯月
見据えるのは「ポスト大迫勇也」への道

勝者となった尚志の攻撃にギアを入れたのは、後半途中に投入され先制点を記録した⑩伊藤綾汰であることは間違いない。ボールを簡単には奪われず、複数人のプレッシャーもかいくぐれる彼がピッチに立つことで周囲の選手にも余裕が生まれ、自分たちのペースを掴むことに成功した。しかし、80分間トータルで見たときに、尚志の攻撃を支えていたのは先発メンバー11人の中に2年生で唯一名を連ねていた⑨染野唯月だ。今年、U-17日本代表にも選出されたストライカーは、得意とするポストプレーや空中戦の強さで大いに存在感を発揮。得点こそなかったものの、その価値を十二分に示した。

「自分の1つの武器である収めるというところは今日もできていて、尚志の攻撃のリズムを作れていた」本人も振り返る。しかし、「自分は決定力を求められているので、決めなければいけない。チームを楽にさせなかったことは反省点です」と反省の弁を続けて語った。やはり得点という目に見えた成果を残せなかったことの悔しさのほうが、起点となってチームを助けられたという自認できる貢献度を上回るようであった。ある種“ストライカーの資質”を感じる。

そんな彼が目標としているのが、日本代表の大迫勇也だ。プレースタイルも自身と近いことから、理想の選手として彼の名前を挙げる。

「日本人の中では大迫勇也のように収められるプレーヤーが少ないと言われていて。自分はその中である程度、日本の中では身長もあるほうだと思うので、そこでボールを収めてさばいてゴール前に入るというのを見てもらえれば。そこはストロングなので、見てもらいたいですね」

染野は鹿島アントラーズの下部組織でプレーしていたのだが、それも大迫に憧れる理由の1つだ。「自分はアントラーズ出身なので、アントラーズの選手に憧れて見ていた。その中で自分が誰にも負けないという思いは、誰よりも大きいので。負けたくないという思いを前面に出していければなと思っています」

鹿島の強化部も彼には目線を向けている。“ポスト大迫”となるために。東福岡と戦う2回戦は彼の人生にとっても大きなターニングポイントになる。

監督・選手コメント

尚志・仲村浩二監督
神村学園さんとは中の良いチームで、お互いに手の内も知り尽くし合っているところはあったのでやりづらさもあったのですが、うちのペースで終始ゲームはできていたかなというのはあったと思うのですが、そこでFKをやってはだめだということは言っていて。そこで最後の最後でああいうふうになってしまったのですが、PKも含めてトータルで勝つということは今年のチームとしてやってきたことなので、最後に勝ててよかったです。
昨年1年間東福岡さんのことだけ考えてやってきた。今年も決まったときにどうしても当たりたい相手であったので。西の王者、横綱に挑んで。チャレンジさせていただきます。

尚志・⑩伊藤綾汰
12月10日まで盲腸で入院をしていたのが、その次の日から練習に参加しました。ファーストプレーがいちばん大事だと思っていて、そこがうまくいくと自分としてもいけるから、そこを意識しています。今日は相手も疲れていたので、自分も余裕を持ってボールを持ってやれたかなと。

尚志・⑨染野唯月
決定機を作る中で自分としてはチャンスが少なかったけど、GKにはじかれたヘディングも決められたと思うので。しっかり決めるところを決めるというのは今日出てきた課題。あと1日空いて東福岡ですけど、本当に強いので。そこでチャンスが少ない中で、少ないチャンスでも決めるというのを出せればと思います。自分の1つの武器である収めるというところは今日もできていて、尚志の攻撃のリズムを作れていたかなと。

神村学園・有村圭一郎監督
尚志のほうが力があるのは分かっていたので、ただただ引いて守るのではなくて、プレッシャーをかけながらやっていこうというのがあった。その部分はそれなりにできたと思う。後半のメンバーチェンジの関係でちょっと下がらざるを得なくなるところがあって、ただただ下がってしまった。よくGKがしのいでくれていたので。1本もったいなかったですけどね。多分ウチが取ったFKのファールもファールではなかったし、逆に失点のGKのところもGKがキャッチをしてから当たられているので。なんて言うんですかね。どっちにしても不運だったというのがある。これに懸けてきている子たちにしたら、かわいそうですよね。

神村学園・③隈元聖也
前半は逆サイドで日差しが強くて、相手の高いボールに対して反応しづらかったので、後半はFKがもらえたときに、天気を味方にした。GKも眩しいだろうと思って。あとはFKは僕の得意なプレーなので、この1本でチームを救ってやろうという強い気持ちで蹴りました。FKを蹴る瞬間はだいたいゾーンに入る。あの瞬間は周りにいろいろ言われていたけどゾーンに入っていたので、あんまり周りの声も聞こえないくらいだった。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ