第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 大分-東邦

2019年01月01日

森田将義(フリーライター)取材・文
高橋学 写真

18年12月31日(月)12:05キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/観客2,101人/試合時間80分
大分
3 2-1
1-0
1
東邦
谷川海翔(前半7分)
山口卓己(前半19分)
菊地孔明(後半27分)
得点者 仲井涼太(前半33分)

主力の大半が附属中学出身である大分が、息の合ったコンビネーションで東邦の守備を崩し、白星を引き寄せた。「三角形や菱形(の形)を作り、トップに当ててサイドに散らす」(小野正和監督)形で、序盤から見せ場を作ると、前半7分には右から⑱菊地孔明がクロスを展開。中央で待ち構えた⑨谷川海翔がボレーシュートをたたき込んだ。「練習でも見たことがない」(小野監督)一撃で先制した大分は19分にも右サイドを崩し、⑩山口卓己が2点目をマーク。33分にはセットプレーから1点を返されたが、後半27分に⑱菊地のゴールで突き放し、3-1で試合を終えた。

小さな大分の中でも、ひと際目立つ10番
うまさで攻撃をけん引し、決勝点もマーク

小柄な選手が多い大分の中でも、164センチの⑩山口卓己はひと際目立つ存在だ。武器は、高い技術力と正確な判断力。密集の中をスルスルと抜け出し、タイミングよくボールをはたくことで味方の決定機を作り出す。試合を少し見れば、彼が攻撃の核であることは一目瞭然だ。東邦も彼がキーマンであることは把握しており、試合開始と共に⑩藤原颯をマンマークで対応させることで、”山口封じ”を狙った。

これまでマンツーマンで守られる経験がなく、「かなり動かないとはがせなかったので大変だった」(⑩山口)と振り返るが、自身が相手の守備を引き付けることで、周囲のスペースを演出。相手のスキを見ては前線に顔を出すと前半19分には、右サイドから③佐藤芳紀が前線に入れた縦パスに反応。DFの間をすり抜け、ペナルティーエリア内で放ったシュートは左ポストに当たりながら、ゴールネットを揺らした。

後半も、⑧重見柾斗と共に中盤で高い技術力を発揮。「高さでは相手に負けるので、放り込むボールでは勝てない。自分たちは小さい分、パスワークで崩すことを意識している。そのためには、相手の間に入っていかないといけない」との狙い通り、細かいパスワークで相手を食いつかせ、相手ゴール前ではタイミングよくDFの間に飛び出す大分らしい攻撃を牽引した。

後半の半ばには、相手の足が左足の太ももに入り、倒れこむアクシデントも起きたが、小野正和監督が「あの子が攻撃の要。彼ができるかできないかで、チームが変わってくる」と評するように、チームにとって替えの利かない存在だ。「動けなくなった。走れば直るかなと思ったけど直らなかったので、監督のほうを見たら、『あと半分だ』みたいな感じだったので、誤魔化しながらやるしかないと思った」。そう振り返る⑩山口は気持ちで痛みをカバーし、勝利をピッチで見届けた。

2年前の選手権では、初戦をモノにしながら、続く2回戦で滝川第二に0-6で敗れ、涙を飲んだ。高校最後の年である今年は、同じ轍を踏むつもりはない。しっかりとコンディションを整え、さらに上を目指すつもりだ。

監督・選手コメント
大分・小野正和監督
相手がブロックを敷くのは予想していたので、その間を進入していこうと考えていました。10番(山口)がマンマークされていたので、3人目の動きで点を取ることも意識しており、サイドの⑱菊地で起点を作り、最後は⑩山口が合わせた2点目の動きは狙いどおりの形でした。ポンポンと2点入ったところまでは良かったのですが、次の1点が難しいだろうと思っていました。実際、相手に取られてしまったので、後半また気持ちを入れ替えて、「先に取ろう」と送り出し、それができたので良かったです。

大分・⑱菊地孔明
3点目は⑧(重見)柾斗から良いボールが来た。GKが飛び出していて、がら空きだったので、あとは浮かして決めるだけでした。前半は悪い時間帯に点を決められ、試合の流れが相手に行ったのですが、3点目を取れた。県大会の決勝でも自分が流れを変えることができたので、今日も流れを変えるプレーをしようと思っていたので、できて良かったです。

東邦・横井由弦監督
1失点目は相手のスーパーゴールなのですが、なぜあれだけ守備が引いてしまったのかわかりません。ベンチの思惑と選手の思考が違いました。あんなに引けと言ったつもりはまったくないのですが、後ろに引きすぎ、悶々としている間に2失点しました。攻撃は悪くなかったのですが、見ていて球離れが遅く感じました。シュートを焦っているのか遠目から打つ場面が多く、もう少し近くで打つ機会が作れたのではないかと思います。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ