第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 丸岡-東山

2019年01月01日

篠幸彦(フリーライター)取材・文

18年12月31日(月)14:10キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客11,989人/試合時間80分+PK戦
丸岡
2 1-1
1-1
PK
5-4
2
東山
田海寧生(前半2分)
宮永任(後半40+2分)
得点者 久乘聖亜(前半33分)
井上竜稀(後半29分)

試合開始2分、丸岡がPKのチャンスを得て⑨田海寧生が決めて早々に先制点を決める。すると前半33分に今度は東山がPKをゲット。⑩久乘聖亜が確実に決めて同点とする。後半は拮抗した時間帯が続くが、セットプレーの流れから東山③井上竜稀がヘディングシュートを決めて逆転。しかし終了間際に丸岡⑩宮永任が同点弾を決めてPK戦へ。丸岡が5-4でPK戦を制して初戦突破を果たした。

「負けるんじゃないか…。」
不安を断ち切ったエースの劇的同点弾決まる!
丸岡がPK戦の末、勝利

「2点目を先に取られたときはもうやばいと思ってしまった」と、丸岡・小阪康弘監督の頭に思わず敗戦がよぎった窮地をエースの一撃が救った。

前半開始2分、丸岡は⑪明間希が倒されてPKのチャンスを得ると、⑨田海寧生が一度はセーブされながらこぼれ球をきっちりと押し込んで先制に成功する。すると前半33分に今度は東山⑩久乘聖亜がPKを獲得し、同点に追いついた。そこから拮抗する展開が続き、両チームともに決定打に欠ける時間が続いた。

そして後半29分、セットプレーの流れから東山⑧掛見直央が左サイドでボールをキープし、右足の鋭いクロスを入れる。それに③井上竜稀がヘディングで合わせ、東山が逆転に成功する。「後半はいつかやられる」という丸岡・小阪監督の予感が的中した。残り時間は10分。指揮官の頭に一瞬、敗戦がよぎった。

それは「正直、心の中では負けるんじゃないかと思ってしまった瞬間もあった」と、エース⑩宮永任の頭にもよぎっていた。そのとき、⑩宮永は観客席を見た。「声を出して応援してくれる仲間を信じて走ろう」(丸岡・⑩宮永)。⑩宮永は仲間にも信じようと声をかけた。

そして終了間際のアディショナルタイム2分。左サイドから⑬馬場脩介にボールがつながると、⑬馬場は中へボールを持ち出し、クロスを入れようとファーサイドを見た。すると手前で⑩宮永がフリーになっているのが視界に入った。⑬馬場はとっさに流れてしまったボールをスライディングで蹴り出し、⑩宮永へつないだ。ボールを受けた⑩宮永の動きは流れるように滑らかだった。

「得意のコースというか、ずっとやってきたコースだった。頭の中で何度もイメージして、サッカーをずっとやってきた中での感覚、感触を出せた」(丸岡・⑩宮永)。⑩宮永はファーストタッチで左足の前にコントロールし、切り返した。そして右足に持ち変えると素早くゴール右隅へ流すようにインサイドキックを蹴り込んだ。劇的な同点弾だった。

「ずっと練習や紅白戦のときからああいった形はイメージしていて、でもなかなかうまくいかないことも多かった。でも今回こういった土壇場の中で決めることができた。それができるというのが、この選手権という素晴らしい舞台なのかなと思う」(丸岡・⑩宮永)。

試合はPK戦へともつれ込み、劇的な得点の勢いそのままに丸岡が5−4で制した。「あいつは2年のときまでは自分の嫌なことは逃げていた。やることで自分と向き合って逃げなくなったことで、今日のようないい結果が出たんじゃないかと思う」(丸岡・小阪監督)。ひと皮向けたエースが、大舞台でその成長の証を刻み、丸岡の初戦突破を導いた。

監督・選手コメント
丸岡・小阪康弘監督
3日くらい前から早くやりたくてしょうがなかった。調整の試合のところで点は取られたが負けはしなかったからやるんじゃないかと思っていた。3年ぶりだったのでどうしても1つ勝ちたいという思いがあった。(相手は)2トップに当ててサイドの二人が絶対にパスが出てくると信じて走ってくるというのがあったので、その対応というのだけはしっかりとやった。ただ、夏の練習試合でそういう試合ばかりやってきて、今日もあのときの対応と一緒だという話はしてきた。それをよく覚えてくれていた。PKはここまできたら思い切って楽しめと。試合前はお前らはやれるからやれるところまでやれと。自信持っていいよと送り出した。2点目を先に取られたときはもうやばいと思った。もうダメだと。でもそんなことを考えたらダメだなと思っていたら⑩宮永が決めてくれた。

丸岡・⑩宮永任
最後の最後まで信じてやった結果、あのゴールが生まれたと思う。全国の舞台を思い切り楽しもうと、相手もすごくいいチームだったので思い切って自分らしさが出せたと思う。試合の中で課題もいろいろあったので明日修正して、1つでも多く、少しでも長くこの仲間とサッカーができればいいなと思う。2年間、県予選で敗退して全国の舞台を味わえなかったので、2年間の悔しさというか、先輩も見にきてくださっていたので、その先輩の分も戦うということができたと思う。いちばん憧れていた舞台でこういうゴールを決められたというのは、ずっと続けてきた結果だと捉えてまた次に向けて頑張りたい。

東山・福重良一監督
選手権の雰囲気の飲まれてしまった状態で入って、なかなか力が出せなかった。相手の前へという勢いに対して、きれいにやろうとしてうちは逆に横にという意識があった。そこで相手の勢いに飲まれることなく、盛り返せたらよかった。幸いPKで前半のうちに追いついたが、なかなかそこから勢いに乗れず拮抗した試合になってしまった。ピンチというか、相手のカウンターに対してのケアができていなかった。どうしても攻めた後にピンチになって、攻め続けることができなかった。そこでリズムをうまく作れなかった。

img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ