第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
準々決勝 上田西-明秀日立

2018年01月05日

森田将義(フリーライター)取材・文
高橋学 写真

18年1月5日(金)12:05キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/観客4,717人/試合時間80分
上田西
3 2-1
1-1
2
明秀日立
大久保龍誠(前半16分)
宮下廉(前半23分)
田辺岳大(後半1分)
得点者 伊里隼人(前半12分)
荒井慧伊大(後半10分)

連戦の疲労やプレッシャーの影響もあり、序盤はここまで無失点を維持する上田西の守備に乱れが見られた。そうしたスキを明秀日立は逃さず、前半12分には左CKのこぼれ球を⑩伊里隼人がダイレクトで打ち返し先制。しかし上田西は、直後の16分に②大久保龍成がPKを決めて、試合は振り出しとなった。同点弾でリズムをつかんだ上田西は、23分に⑥宮下廉が左CKを直接決めて勝ち越すと、後半1分には⑪田嶌遼介のロングスローから、③田辺岳大が3点目をマーク。10分には、明秀日立㉗荒井慧伊大にゴールを許したが、以降は体を張った守りでリードを維持し、試合を終えた。

指揮官の現役時代を大きく上回る快進撃
上田西の飛躍は、名将の小嶺監督の教え

12年ぶり2度目の出場となった上田西の躍進が止まらない。2回戦の京都橘戦で選手権初勝利を奪うと、続く3回戦では帝京大可児に5-0で快勝。この準々決勝では明秀日立を下した。

長野県勢初となる準決勝進出という快挙は、高校3年生のときに国見で選手権を経験している白尾秀人監督にとってもうれしい出来事。自身は、金光大阪に敗れ、2回戦で涙を飲んだ。指揮官は当時のことを鮮明に覚えており、「キーパーとの1対1を2本くらい外してしまった。そのとき、小嶺(忠敏)先生から『人間性が結果に出た。いつも最後までしっかりシュート練習をしていれば、決められた』と言われた」。

当時、恩師にかけられた言葉が、指導者となった現在のベースになっている。積極的に選手と対話を重ね、心を育む小嶺流の指導方針を踏襲しており、①小山智仁は「自分たちのサッカーはうまくないし、新しくないかもしれないけど、1対1で体を張ったり、点に対してどん欲に行く、昔から変わらないサッカーの根本を徹底できている。そうしたプレーは、人間性が出る。生活面に厳しく取り組むのが上田西で、学校生活の態度が悪ければ、練習をやらせてもらえない。白尾先生に直してもらえたから、サッカーに対する態度も良くなった」と口にする。

サッカー部が学校の模範になろうと、決められたルールを徹底するなどしているが、白尾監督が押さえつけているわけではない。①小山が「白尾監督の大学時代の知り合いから、『白尾先生はスピードスターで化け物級に速かった。今で言うと永井謙佑選手クラスだった』と教えてもらえた。でも、今の体形はそんな面影がないですけど(笑)」と冗談を飛ばせるのも、選手との関係性が良いからだ。

「これまでの取り組みが生きていると思う。自分たちで自炊したりしたので、今は楽に感じるはず」と白尾監督が話すように、夏以降は5泊6日の遠征を行うなど、選手権での連戦を見据えた準備をしてきた。準決勝で当たる前橋育英とは、今季3度対戦し、いずれも敗れた難敵。白尾監督が「前橋育英は3試合とも15番目以降の選手が出ていて、Aチームとは一度もやらせてもらったことがない」と明かすように条件は厳しいが、負けるつもりはない。これまでの積み重ねを発揮し、頂点に王手をかけるつもりだ。

監督・選手コメント
上田西
白尾秀人監督
立ち上がりは攻撃でチャンスが作れていたので、できるという余裕な心が生まれていました。相手に先制されて、きついかなと思っていたら、PKが入って、そこからは落ち着いて試合ができました。選手の表情的には良かったのですが、選手の心の部分で溶かし切れていませんでした。2点目を奪われた後にも、浮ついた気持ちを感じたので、選手を呼んで締め直しました。最後はしっかりできたかなと思います。

⑩根本凌
今日は前線の3人が連動して、良い攻撃ができました。正直、駒沢でこんなに勝てると思っていなかったのですが、めちゃくちゃうれしいです。準決勝の埼スタは素晴らしいピッチだと思うので、喜びを噛み締めながら頑張ろうと思います。緊張しちゃうと思うのですが、緊張すれば負けで時間があっという間に過ぎてしまう。声をかけながら、いつもやっていることを落ち着いてできればと思います。

明秀日立
萬場努監督
先制点を取るまでは、守備の保険をかけながら戦うことができましたが、上田西が割り切って攻めにきた際にうまく対応できなかった。1点取られてからは、もう1点取られたくないという思いが強くなり、相手に向かっていけなかった。逆転されてからは我を忘れそうになっていたので、「このままやり合え」と指示を出し、改善できました。後半頭の失点も痛くて、攻めようとなったタイミングで選手の心が折れそうになっていました。今日は「もうちょっと勉強しろ」ということだったのかなと思います。

⑩伊里隼人
自分たちの詰めの甘さや、もう少しというところで追いつけない弱さが出たので、悔しいです。高校3年間辛いことのほうが多かったですし、最後はこういう結果に終わってしまいましたが、試合よりも辛い練習を乗り越えて精神的に成長できたと思うので、もっとこのチームでサッカーがしたかった。後輩たちには、来年この結果を超えて欲しいです。

img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ