第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
3回戦 米子北-一条

2018年01月04日

川原宏樹(本誌) 取材・文
高橋学 写真

18年1月3日(水)12:05キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/4,521人/試合時間80分
米子北
3 0-0
3-0
0
一条
坂田二千翔(後半3分)
高橋諒(後半36分)
奥石龍世(後半40分)
得点者  

2回戦を苦しみながらも突破してきた一条と米子北は、それぞれベスト16という過去最高成績を更新すべく競い合った。序盤から厳しくボールを奪い合う激しい攻防が続き、お互いにペースをつかみきれないまま時間は経過し、スコアレスのまま試合を折り返した。後半に入り、米子北が最初のチャンスをものにした。後半3分、右サイドのロングスローから⑯高橋諒がシュートを打つ。一旦は防がれるも、そのこぼれ球を⑧坂田二千翔が落ち着いて流し込んで米子北が先制した。その後は、追いかける一条が前がかりになったところを米子北が隙を突き、後半36分と同40分にカウンターから追加点を挙げて試合を決めてしまい、初のベスト8へと駒を進めた。

試合巧者ぶりを発揮した米子北が
パスサッカーの一条に快勝

中盤で激しくボールを奪い合う展開の中で、米子北はロングボールから試合の流れを引き寄せようとした。対する一条はショートパスからサイドへ展開して攻めようとしていた。中盤でのボールの奪い合いに終始した前半だったが、どちらも全くチャンスがなかったわけでなかった。最初にチャンスをつかんだのは一条で、右サイドの⑨中井一尭の突破から決定機を演出しようとした。一方の米子北もこの試合は左サイドに位置した⑦馬場琢未がチャンメーカーとなり、一条ゴールに迫っていった。その後、米子北は⑦馬場と⑧坂田二千翔の位置を入れ替えてチャンスを作ろうと試みるも、大きなチャンスを作れないまま前半を終えた。

後半早々に、ロングスローから先制をした米子北。それに対して一条はスタイルを崩すことなく短いパスのコンビネーションから相手を崩そうとしていた。決めきれないまま時間だけが過ぎていく中で、米子北の見事なカウンターが決まり、2点を追加されてしまった。

敗れてしまった一条だが、昨日の試合に比べれば明らかに自分たちが思うサッカーができていた。前半も後半もサイドからのパスワークで相手の守備を崩してチャンスを作っており、ある程度満足のいく内容だっただろう。前田久監督も「我々の持ち味を出せた部分もあった」と振り返っている。一方で「防ぐところはちゃんと防がないといけないし、立ち上がりはちゃんと抑えないといけない」と、敗因を振り返り悔やんでもいた。

逆にいえば、決めるべきところ決めた米子北の試合巧者ぶりが目立つ結果となった。先制後にやられていたサイドの選手を交代し、きっちりと補修。その後のカウンターのチャンスでは、相手よりも先に走り数的優位を作った結果、試合終盤での得点につながっている。

米子北は初のベスト8入りで、鳥取県勢としても92年度大会の米子東以来、25年ぶりの快進撃。準々決勝の相手は昨年度準優勝の前橋育英となったが、この勢いが続けば鳥取県勢初のベスト4入りも夢ではないかもしれない。

監督・選手コメント
米子北
中村真吾監督
チームとして一生懸命に全員が走ったから勝てたと思います。今までのチームと比べると、身長が低かったり、走力とか技術とかも劣っていたりしますが、我慢強さとか真面目さは、いつもよりはありました。そこが本人たちのストロングポイントだと思ってやり続けた結果が勝てている要因だと思います。それが今年のチームの色です。いろいろとできないことはありますが、チームのために走れたり、チームのために自分のストロングポイントを生かしたりして、一つのチームになっています。本当に粘り強く戦えるようになってきたと思います。こうやって結果が出ていることは成長しているんだと思います。

一条
前田久監督
我々の持ち味を出せた部分もあったかなと思っています。やっぱり勝負は得点なので、防ぐところはちゃんと防がないといけないし、立ち上がりはちゃんと抑えないといけない。それも十二分に練習をしてここまで来ていますので、それでも入れられてしまうのは相手が強いということだし、我々の力が足りないということです。後悔がないはわけではないですが、子どもたちは本当にやるだけのことはやったかなというのが、試合を終えた感想です。最後の2失点で3-0という大きな差になりましたが、あれは前がかっていかなければ仕方がないこと。1-0であっさり終わるよりも思い切っていこうと決断しましたので、そこについては、全く後悔はありません。点差はつけられましたが、前半の流れも含めてチャンスも作り何度か相手ゴールに迫れるシーンもありました。あとは次の学年が引き継いでくれるかなと思います。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ