第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第95回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 鹿児島城西-長崎総科大附属

2017年01月02日

鈴木智之(スポーツライター)取材・文
高橋学 写真

17年1月2日(月)12:05キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/観客5,106人/試合時間80分
鹿児島城西
0 0-0
0-0
PK
4-2
0
長崎総科大附属
  得点者  

開始から、攻勢に出たのは長崎総科大附属。3トップの⑪安藤瑞季、⑨右田翔、⑦宇髙魅人、トップ下の⑩薬真寺孝弥を軸に、スピードとテクニック溢れる攻撃でゴールに迫る。対する鹿児島城西は④田實康人、⑤生駒仁の長身センターバックが最終ラインの壁となり、長崎総科大附属の攻撃を跳ね返す。後半30分、33分とU-17日本代表FW⑪安藤がゴール前に進入してシュートを打つが、ゴールを捉えることはできず。スコアレスのままPK戦にもつれこみ、2人が外した長崎総科大附属に対し、全員が成功した鹿児島城西が勝利した。

鹿児島城西が、狙い通りの守備的な戦いで
強力攻撃陣を擁する長崎総科大附属を完封

0-6と0-1。鹿児島城西はプリンスリーグ九州で長崎総科大附属と対戦した際、1点も取れずに敗れている。

「申し訳ないですけど、うちが勝つには守って、守ってしかない。力的には総附さんのほうが上だったと思います

試合後、鹿児島城西の小久保悟監督はそう切り出した。U-17代表FW⑪安藤、スピードとテクニックを備えた⑨右田、非凡なセンスを持つ⑦宇髙、ボールキープと長短のパスに秀でた⑩薬真寺をそろえた総附の前線は、大会屈指の破壊力である。

彼らをどう封じ込めるか――。指揮官が採用したのは、長身センターバックの④田實(184cm)、U-17代表の⑤生駒(185cm)を中心に、守備を固めることだった。

「守備的に、後ろにスペースを作らないようにしました。総附さんにはプリンスリーグでやられていますし、力強い選手がたくさんいます。技術も高く、パワーもテクニックもあるので、普通に戦ったら相当点数が入るのではないかと
(小久保監督)

総附の小嶺忠敏監督が「ある程度予想はついたけど、あそこまでドン引きしてくると思わなかった」と悔しがったディフェンス重視の戦術が奏功し、シュートを4本しか打たせず、無失点に押さえ込んだ。

鹿児島城西は、PK戦には自信があった。指揮官が「トレーニングのときからPKを止めているので、信頼していた」というGK⑰泉森涼太が、総附の一人目⑪安藤のキックを読み切ってストップ。エースのPKを止めたことで味方に勢いを、相手に大きなプレッシャーを与えた。

キッカーは一人目のキャプテン⑩永吉広大を筆頭に、4人全員が成功。大会直前の練習で毎日のように実施した、PK練習の成果を見せつけた。

力が上の相手に対して念入りに準備し、狙い通りの戦いに持ち込み勝利する。サッカーの醍醐味を体現した、見事なジャイアントキリングだった。

(監督・選手コメント)
鹿児島城西 
小久保悟監督

自分たちのサッカーはできませんでしたが、総附さんが非常に力があるので、対応するために戦術を変えました。長いボールを蹴られても対応できるように、後ろにスペースがないようにしました。(PKについて)初戦からPK戦になる可能性はあるので、大会前に4、5日、トレーニングの最後に全員で練習をしてきました。

長崎総科大附属
小嶺忠敏監督

もうちょっと、両ワイドが積極的に行けばよかった。相手が長いボールを蹴ってくるので、それに対応するために中に入りすぎて、ディフェンスラインに人数が多すぎました。後半の途中からだいぶよくなったんだけど、点につながりませんでした。少なくとも、次の試合ぐらいまでは進ませてあげたかったです。それぐらいできるチームでした。

img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ