第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第95回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 鹿児島城西-北陸

2016年12月31日

篠幸彦(フリーライター) 取材・文
高橋学 写真

16年12月31日(土)14:10キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/観客9,707人/試合時間80分
鹿児島城西
1 1-0
0-0
0
北陸
⑭大脇瑞城(前半6分) 得点者  

立ち上がりから激しい攻防で主導権を奪い合った両校だったが、開始からわずか6分。鹿児島城西が⑩永吉広大のセットプレーを⑭大脇瑞城がニアで合わせて早々に先制する。追いつきたい北陸は⑦髙嶋竜輔を中心に素早い攻撃で攻勢を強めるが、鹿児島城西の強固な守備陣を崩すことができない。後半も鹿児島城西が虎の子の1点を守り切り、昨年、一昨年とPK戦で敗れていた初戦を1−0の完封で突破した。

堅守の鹿児島城西が接戦を守り切り
鬼門の初戦を完封勝利で制す

「今年のチームはなかなか得点ができないからみんなで守って少ないチャンスをものにするのがスタイル」という小久保悟監督の言葉どおり、鹿児島城西がワンチャンスを決めて逃げ切った。

前半6分に鹿児島城西は敵陣右サイドでFKを獲得すると、⑩永吉広大の左足から低く鋭いボールがニアに蹴り込まれた。そこに2年生の⑭大脇瑞城が勢いよく飛び込み、頭で合わせて先制点を奪った。「練習で繰り返しやってきた良い形で先制できた」(小久保監督)と、まさに練習どおりという鮮やかなセットプレーだった。

トーナメントではセットプレーは攻守において明暗を分ける重要な場面。「セットプレーの守備は何回も練習してきたので本当に悔しい」(①椎葉俊介)と、北陸もそこへの対策は十分にしてきたはずだった。しかし、ワンチャンスを決め切る鹿児島城西の力が一枚上手だったことを象徴するシーンとなった。

鹿児島城西はU-17代表にも選ばれる長身CB⑤生駒仁を中心に強固な守備を築き、県予選はわずか1失点しか許していない。その力をこの試合でも存分に示したが課題も見えた。

「自分たちでボールを動かしてなかなかシュートまで行けなかった」(小久保監督)

セットプレーで狙いどおりに先制できたものの、流れからの攻撃には精彩を欠いた。左サイドMF⑦松本順也が鋭いドリブルで何度か突破するも、クロスの精度を欠いたり、中の人数が足りないなど、いまいち攻撃が噛み合わず、シュート数も5本に止まった。

2回戦の相手は今季九州プリンスリーグで0−6、0−1と1点も奪えず2敗した長崎総科大附。今大会初戦でも高い攻撃力を誇る桐光学園を2−0で完封した強敵相手に、鹿児島城西はどのようにワンチャンスを生み出すのか。

④監督・選手コメント

鹿児島城西
小久保悟監督
内容的にはあまり良くなかったですけど、早い段階にセットプレーで先制できてことが良かった。2点目を取りにいったが、取れなくて非常に苦しいゲームになった。長崎総科大附は九州プリンスリーグで2敗しているチーム。非常に迫力があって、フィジカル的にも強く、スピード、パワー、テクニックが非常に整っている。チャレンジャー精神で臨みたい。

⑤生駒仁
前半は自分たちが攻める時間帯が多かったけど、後半に入って中盤の守備が落ちてきて、相手に攻められるシーンが増えてきた。後半の運動量は課題だった。サイドから突破できるシーンは何本かあったんですけど、クロスの精度だったり、中の入り方だったり、そこがもっと合えばもう一点というシーンがいくつかあった。そこが合えばもっと楽に試合ができたと思う。長崎はプリンスリーグで2回やっているけど、縦に速くて攻撃力がすごい。みんなでカバーしながらゼロで抑えて、少ないチャンスをものにしたい。

⑭大脇瑞城
先制点のセットプレーはあそこに走ればボールが来ると思っていたら本当に来たので、あとは合わせるだけだった。いつもはそこに④田實康人が入るけど、今日はいなかったので自分が走り込んだ。

北陸高校
松本吉英監督
ベストゲームだった。心技体に優れる鹿児島城西高校のうわさはいろいろ聞いていたが、うわさどおりの良いチーム。クオリティのある相手のサッカーが自分たちのポテンシャルを引き出してくれた試合だったと思う。前半の早い段階でセットプレーからやられたが、あそこで崩れることなく、逆に勢いを盛り返しましたので感動した。今日のゲームは生涯忘れられないゲーム。うちの選手たちは持てるものは出し切れたと思う。

①椎葉俊介
僕としては大敗すると思っていたので本当にみんな頑張って攻めて守ってくれた。僕もベストゲームだったと思う。相手の攻撃はどんどんくるとわかっていたので、それでも絶対に止めてやろうという気持ちだった。気持ちの面でも今までにないくらい高まっていた。そこはプレーで出せたかなと思う。

img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ