第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
準決勝 東福岡―星稜

2016年01月09日

安藤隆人(フリーライター)取材・文

16年1月9日(土)12:05キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2002/観客数17,383人/試合時間90分
東福岡

2

1-0
1-0
0
星稜
藤川虎太朗(前半45分)
鍬先祐弥(後半12分)
得点者  

立ち上がりはお互い様子を伺う展開だった。しかし、徐々に攻撃力で上回る東福岡がペースを握りだすと、前半45分にMF⑩中村健人の展開から、FW⑧橋本和征の左からの折り返しを受けたMF⑥藤川虎太朗が鮮やかに射抜いて、先制に成功する。後半もさらに攻め手を強める東福岡は、後半13分にMF④鍬先祐弥が追加点。これで試合を決定づけると、最後まで相手にペースを与えること無く試合終了。東福岡が決勝進出を果たした。

アンカー鍬先が大車輪の活躍。
東福岡が17年ぶりの決勝進出!

東福岡の攻守の要・MF④鍬先祐弥が、今大会初ゴールをたたき込んだ。

彼は伝統の4-1-4-1システムのアンカーという重要な責務を任されている。展開力が持ち味の彼は、「僕の役割は中盤の球際で負けないこと、なるべく前に前にボールを運ぶこと。この2つを意識した」と、1回戦から攻撃の起点として全体をコントロールするだけでなく、積極的にツーシャドーを追い越して、バイタルエリアに顔を出し続けた。ゴールこそ奪えなかったが、相手は後方から湧き出て来る彼を捕まえきれず、しばしばマークが混乱していた。

そして、貫き続けたその姿勢が、準決勝の大舞台でついに結実をした。立ち上がりから持ち前の展開力はもちろんのこと、積極的な出足で前半からバイタルエリアに顔を出していく。

「前半から効果的にボールを動かせていた」と語ったように、④鍬先、⑥藤川虎太朗と⑩中村健人のツーシャドーを軸に、パスワークで攻撃を構築すると、前半終了間際に⑥藤川が先制点を挙げて、試合を有利に進めた。

「後半は絶対に前のスペースが空くと思っていた」と、虎視眈々とチャンスを狙っていた④鍬先に、待望の瞬間が訪れる。後半13分、⑩中村のパスを受けた⑪三宅海斗が前を向くと、バイタルエリアにスルスルと顔を出す。⑪三宅のパスを受けると、「自分の前にスペースがあったので、ボールをもらったらシュートというイメージしかありませんでした」と語ったように、すぐに前を向いてドリブルで仕掛け、対峙したDFをワンフェイントではがすと、ミドルシュートを放つ。これがゴール右隅に決まり、貴重な追加点を奪った。

その後も危なげないプレーを披露してフル出場し、第77回大会以来、17年ぶりの選手権決勝進出に貢献した。

彼はこれまで全試合フル出場。安定感抜群で波のないプレーは、名門のアンカーとしてふさわしい活躍ぶり。長崎南山中から、多くのチームメートがそのまま高校に進む中、東福岡を選んだ④鍬先は、今や『赤い彗星の要』となっている。そして、この試合でゴールを決めたことで、その存在感はより輝きを増した。

「このゴールは本当に自信になりました。このまま有終の美を飾って、今も連絡や激励をくれる長崎南山中の仲間にいい報告をしたい」

ちなみにかつての仲間が多くいる長崎南山高校は、今大会で初出場を果たしたが、初戦で桐光学園に敗れた。想いを託された彼は、最高の報告をすべく、ファイナルでより輝くことを誓った。

(監督・選手コメント)

東福岡
森重潤也監督
本当に勝ててよかったと思います。うちは2冠を目指しているし、星稜は2連覇を目指している。そこ見始めれば、プレッシャーを感じるので、そこを見ないように自分にもいい聞かせていましたし、選手にも伝えていました。今日の試合はウチらしく、最後のフィニッシュのところまで持っていけましたし、攻撃はできたと思います。後ろは星稜の攻撃をいかに止めるかということで、うまく抑えてくれたと感じます。

⑥藤川虎太朗
どこかでチャンスはくるからと呪文のようにいわれていたので、そのチャンスが今日きて、点数も取れて凄く嬉しかったです。トレーナーさんの分まで絶対点を取ると思っていたので、本当に嬉しかったです。ずっと出られなかったので、ずっと点を取る、チームを勝たせる気持ちでいました。走りきろうと思っていました。選手権はやっぱりこみ上げてくるものがありました。

④鍬先祐弥
相手がマンツーマンで来たのは想定内でした。ただ、もっと質の高いサッカーができたと思います。点を決めることが出できたのは自信になります。大舞台は緊張をしませんでした。(藤川)虎太朗も決めるべきところで決めてくれました。僕もあいつに負けたくないので、チャンスがあれば決めようと思っていました。虎太朗が活躍をしたら、自分も負けたくない。その気持ちが強いのでいい関係ですね。インターハイは虎太朗が爆発していて、一方で僕は調子がよくなかったので、凄く悔しい思いをしました。今回はあいつがケガをして、なかなか一緒にやれなかったけど、こうして今日スタメンで出て、やっぱりボールが回りやすくなるし、やりやすいですね。決勝はどっちが勝ち上がってきても、最高の形で締めくくりたい。

⑩中村健人
相手のセカンドボール、しっかり中盤でボールを拾うことを意識しました。それが勝利につながったけど、フィニッシュの精度が前半ダメでした。後半は徐々によくなって点数を取ることができました。中盤が少なかった分、ボールは持ちやすかったです。ゲームをしていても自分たちの方が有利に進めていると思いましたし、ペースを握り続けることが出できました。

星稜
河﨑護監督
非常に残念でした。相手のワイド攻撃をつぶすということを3日間の練習でやってきました。中盤の相手の3枚に関しても、マンツーマンで守ろうと考えました。でも、ボールを奪われ、攻撃のミスも出てしまい、いい形に持っていけませんでした。③助田(航平)と⑧大橋(滉平)が相手についていけない状況になり、(前半は)無失点で終わって欲しいなと思っていた中で、得点を奪われてしまいました。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ