第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
3回戦 星稜-中京大中京

2016年01月03日

松尾祐希 取材・文

16年1月3日(日)12:05キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/試合時間80分
星稜
1 0-0
1-0
0
中京大中京
岡田勇斗(後半4分) 得点者  

「正直、星稜高校さんは強かった。あそこでFKから決めてくるし、0−1になってからうちのペースでやれた部分もありましたが、最後の部分で守られてしまった」と中京大中京の岡山哲也監督が話すように、星稜は勝負どころを抑えた試合運びで勝利を収めた。

星稜は⑧大橋滉平を起点に序盤から積極的に攻撃を展開。しかし、決定力不足を露呈し、ゴールをこじ開けられない。嫌な雰囲気が流れたが、後半4分に⑧大橋の左FKから④岡田勇斗が決勝弾。守備陣も最後まで集中を切らさず、前回王者は4年連続のベスト8へと駒を進めた。

相手の攻撃陣をシャットアウト
苦難を乗り越えて奪い返した正GKの座

攻勢を仕掛けた星稜だったが、後半は相手に攻めこまれる場面が多くなった。特に後半はロングボールや、裏への飛びだしを起点とする中京大中京の猛攻を前に沈黙。その中で、幾度となくピンチを救ったのが守護神の①坂口璃久である。

昨年度の選手権で2年生ながら優秀選手に選出され、①坂口はその名を全国に轟かせた。新チームが立ちあがると①坂口は副キャプテンに就任。大黒柱の1人として、最後尾からチームを支える予定だった。しかし、昨年の3月に学校行事であるスノーボード合宿で左肩を亜脱臼すると、完治した直後には右足を捻挫。すべての傷が癒え、万全の体勢で高校総体に挑めるかと思った矢先に今度は予選中に接触プレーから腰を負傷してしまう。本大会に入ってもカカトを痛め、気がつけば正GKの座を喪失。2年生の⑰高橋謙太郎に譲り、ベンチを温める日々が続いた。

当時のことを①坂口は「自分は副キャプテンなのに、全然チームを引っ張れていなかった」と振り返る。ただ、今の自分があるのは⑰高橋の存在があったとも話す。「彼のおかげで成長できたので、いいライバルとしてお互い高めあってきた。だから、今の自分がある」というように、互いが切磋琢磨したことで高いレベルで競い合う環境が生まれた。その結果、「戦術的なコーチングはまだできていないのですが、集中を切らさないためのコーチングとかは成長したのかなと思う」と、昨年の自分からひと皮向けることに成功。大会直前の合宿では、⑰高橋からポジションを奪い返すほどの復調を果たした。

「あそこにボールが行くと安心して見ていられる」と河崎護監督も、①坂口のプレー内容に太鼓判を押す。「(自分が正GKというのを聞いて)本当にうれしかった。昨年は当たり前に出られていたのですが、今年は試合に出られる喜びを感じている」。自らの力ではい上がった男の存在は、連覇を目指す星稜にとって頼もしいばかりである。

(コメント)
星稜
河崎護監督
4日間で3試合目ということで、相手は疲れがあったように思えた。なので、うちは少しボールを回せたのですが、回させられていた部分もあった。決定機も1、2回あったのですが決められなかったし、相手のカウンターでたまに攻撃されたので負けゲームの雰囲気もあった。ただ、ハーフタイムを0−0で迎えられたので、ミーティングをしてリセットをすることができて良かった。ハーフタイムにはもっとサイドチェンジを繰り返そうというのを話しました。(得点の場面は)FKのキッカーが丸8大橋だったのですが、シュートの指示を出していた。そのキックはこの3日間でずっといってきていたことで、合わすのではなくシュートを打つ。強くライナーで。それが功を奏したのかわかりませんが、得点の時間が早かったので、今日は2点を取らないと勝てないと思っていた。なので、もう1回守備から行くけど、チャンスをモノにしなさいと点を取った直後に⑧大橋にはいいました。そうしたら、相手もラスト20分くらいになって怒とうの攻撃を仕掛けてきた。でも、うちのCBとGKがハイボール処理を頑張ってくれたと思うし、その3人が殊勲かなと思います。

①坂口璃久
自分たちは高さのあるチームではないので、自分がその弱さをカバーすることが仕事。1点勝負の試合だったので、苦しい時間帯に存在感を示せたのかなと思います。1対1では相手が正面に打ってくるように、うまく間合いを詰められたのかなと思います。結構1対1には自信を持っているので、そこは良かったなと思います。昨日は初戦ということで緊張していて、自分らしいプレーができなかった。なので、今日は落ち着いてプレーできました。昨日は久々の公式戦でしたが、今日は3回戦ということしっかりとプレーができました。

⑦阿部雅志
頑張ってきたことが本当に結果として表れてきた。でも、今は勝てているのですが、高校サッカーは何が起こるかわからない。昨年の優勝もありますが、今年は今年はだと思っています。

中京大中京
岡山哲也監督
正直、星稜高校さんは強かった。あそこでFKを決めてくるし、0−1になってからうちのペースでやれた部分もありましたが、最後の部分で守られてしまったので、正直強いなというのが印象です。力不足、力負けという感じ。高校サッカーは難しいし、簡単に勝たせてくれない。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ