第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 矢板中央-鳴門

2016年01月03日

篠幸彦(フリーライター)取材・文

16年1月2日(土)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分
矢板中央
3 1-0
2-0
0
鳴門
坪川潤之(前半1分)
人見拓哉(後半18分)
人見拓哉(後半28分)
得点者  

キックオフと同時にゲームが動いた。開始約30秒、GKが前めにポジションを取っているのを見て、MF⑦坪川潤之がセンターサークルからがロングシュートを放ち、矢板中央が早くも先制。動揺が見られた鳴門だったが、前半はその1失点でしのいだ。

しかし、後半に矢板中央がFW⑪森本ヒマンを投入して、さらにギアをあげる。すると後半18、28分とFW⑪森本のアシストからFW⑩人見拓哉が2得点を挙げ、矢板中央が3−0の完封勝利を収めた。

レギュラー落ちの悔しさを乗り越え
人見の2得点の活躍で矢板中央が快勝

「相当悔しい思いしてたんじゃないかな」
矢板中央の高橋健二監督が、試合後に噛みしめるようにもらした。

この試合、開始30秒という記録的な早さで先制点を決めた矢板中央。勢いに乗って一気にたたみかけたいところだったが、その後はうまく攻撃がはまらなかった。そして前半24分、「結構スペースがあって、スペースを使えるなら彼のテクニックが生きると思った」(高橋監督)と、攻撃のリズムを変えるためにFW⑩人見拓哉が投入された。

⑩人見は昨年の選手権1回戦の松山北戦で得点を挙げ、2回戦の流通経済大柏戦でもスタメン出場している。3年生の今年はレギュラーとして活躍するはずだったが、夏のインターハイからスタメン落ちを経験する。

矢板中央の10番を背負っていながらスタメンを外れる日々に、気持ちが折れそうになることもあった。けれど、「ここで負けたら途中から出るチャンスすらなくなってしまう」(⑩人見)と、悔しい気持ちをこらえて必死に食らいついてきた。

そんな⑩人見を支えたのは両親だった。線の細さに悩む⑩人見に「拓哉は拓哉の良さがある」という両親の言葉に、⑩人見は自分を信じてみようと思えた。「メンバーに入れなかった仲間のためもあるけど、両親への恩返しのためにも点を決められてよかった」。

「チームが苦しいときこそ活躍できる10番でありたい」と語る⑩人見は、後半18分にFW⑪森本ヒマンのクロスに体を投げだすようなダイビングヘッドで追加点を入れる。そして10分後、またも⑪森本からのパスを受けて抜けだし、GKとの1対1を冷静に沈めてさらに追加点を決める。

「3点目はシュート練習を重ねてきた形だったので、自信があった」。悔しさに耐えて努力してきた⑩人見が、大舞台でチームを助けるゴールで矢板中央をベスト16へと導いた。

(コメント)
矢板中央
高橋健二監督
予想もしなかった開始30秒でのゴールにびっくりした。早い時間帯で得点したことで、逆に足が止まって受け身に回る時間が多かった。ハーフタイムに「いつラストゲームになるかわからない。これでやり切れなかったら後悔するぞ」と送りだした。夏までレギュラーだった⑩人見拓哉が、スタメン落ちした悔しさがあるなかでよく我慢してやってくれた。今日は彼が活躍できるスペースがあるなと思って投入したのが的中した。

⑦坪川潤之
GKが出てくるというのはわかっていた。練習試合から遠くからシュートを打つことは意識をしていた。自分が遠くからシュートを打つことで、相手のGKは出づらくなって矢板中央の裏を狙うサッカーが生きてくる。1回戦でチャンスを外していて、今日はやってやるという思いがあった。

⑩人見拓哉
途中から出て、自分がやるべき仕事をやっただけです。⑪ヒマンがボールを持ったら常に次の準備を意識している。3点目はシュート練習をしていた形で、自信があったので振りぬくだけでした。ただ、今日は甘かったところもたくさんあったので、次に切り替えたい。

鳴門高校
木内茂監督
県大会から無失点だったので、初めての失点があのような早い時間帯にあって、ちょっとチーム全体が落ちてしまった。開始直後にちょっとボールを回せる自信がついて、あそこでプレスが抜けてしまった。そこは経験不足だったと思う。選手たちというよりも、僕があそこを締められなかった。ボランチの⑭南野心がケガして、両サイドへのプレスがかからなくなったことで攻撃のリズムを作ることができなかった。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ