第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 富山第一 − 日章学園

2016年01月03日

篠幸彦(フリーライター)取材・文

16年1月2日(土)14:10キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分
富山第一
1 1-0
0-0
0
日章学園
坂本裕樹(前半28分) 得点者  

全国制覇した一昨年から2年ぶりの出場となる富山第一と、3年連続出場となる日章学園の対戦。前半から拮抗した展開が続く。

前半28分、一瞬のスキを突いて富山第一のFW⑨坂本裕樹がカウンターから先制し、均衡を破る。その後、互いに粘り強い守備で決定機を作らせない。

日章学園はFWを次々と交代し、流れを作ろうとするも富山第一の守備に跳ね返される。システムを柔軟に変更しながら、対応した富山第一が1点を守りきり、3回戦へ進出した。

日章学園の猛攻をしのいだ守備が機能
1点を守りきった富山第一が辛勝

富山第一と日章学園という力のあるチーム同士の戦いとなった2回戦。拮抗した試合を制したのは、2年前に全国制覇を成し遂げた富山第一だった。

前半は立ち上がりからお互い素早いプレスの応酬で、どちらもイニシアチブを譲らないという激しい展開が続いた。コンパクトな距離感を保ち、狭いスペースの中でボールを蹴り合う時間帯が続いていたが、前半28分、日章学園に一瞬のスキが生まれる。

鋭いカウンターを受け、日章学園のDFラインが揃わずにギャップができたところを富山第一FW⑨坂本裕樹がフリーで抜けだした。GKとの1対1を冷静に沈めて、前半唯一の決定機ものにした。「ゲリラ戦法のようなものですかね」(大塚一朗監督)という、富山第一の少ないチャンスを生かす今年のチームの色が出た得点だった。

日章学園は前半からMFを交代するなど、流れを作りたかったが、「トップ下のキャプテンが出られず、代役の選手をいろいろ試したがうまく機能しなかった」(早稲田一男監督)と、大黒柱の不在が日章学園の攻撃を機能不全にしていた。

そんな日章学園に対し、富山第一は柔軟に布陣を変更しながら対応した。後半途中から相手が攻勢を強めると、4−4−2のダイヤモンドだったシステムをフラットな4−4−2に変更。相手にボールを持たせてもいいから、中央を固めて中には入れさせなかった。

「相手の時間帯は絶対にあるので、そういうときにどれだけ自分たちが頭を使って守備の形を変えられるかが大事」と、その判断は監督の指示ではなく、キャプテンの⑩早川雄貴を中心とした選手たちの判断だった。「自分たちの良いところをうまく消されてリズムが作れなかった」と、早稲田監督も富山第一の対応力に苦戦したと話す。

「不細工ですけど、夏から徹底してやってきた自分たちの形が出せたと思います」(大塚監督)と、攻撃力のあった2年前とは違う、堅守の富山第一が初戦を逃げ切った。

(コメント)
富山第一
大塚一朗監督
こんな感じの試合になるだろうとは思っていた。サッカーにはならないだろうなと。うちは2年前ほどの力はないので、やることを徹底して、不細工だけど結果を残そうといっていた。本当に内容は良くないけど、1−0で勝てたことはよかった。イタリアでは1−0が美しいといわれるので、そういう試合ができるようになったのかなと思います。

⑩早川雄貴
6番の野崎(悠)選手を中心にDFラインの裏にいいボールが何回か入ってきたので、そのボールの対処は難しいところがありました。最初の15分がカギだと話していて、その15分では取れなかったんですけど先制点が取れたことが勝利につながったと思います。

日章学園
早稲田一男監督
一言でいえば、残念。自分たちの良いところをうまく消されてリズムを作れなかった。終盤は確かに押しこむ場面も多かったんですけど、うち本来のゲームの進め方ではなかった。この一年で作り上げてきた力をこういった舞台で発揮できるような内容と結果が出せたらなと思ったんですけど、それができなかった。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ