第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 青森山田―大社

2016年01月01日

高橋学 取材・文・写真

15年12月31日(木)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分
青森山田
3 1-2
2-0
2
大社
神谷優太(前半39分)
高橋壱晟(後半16分)
高橋壱晟(後半40+2分)
得点者 桑垣誓広(前半32分)
桑垣誓広(前半37分)

序盤は互いに決め手のない展開だったが、その中でも大社⑧桑垣誓広と、⑩森山裕大が積極的にボールに絡んでリズムを作っていた。前半32分、大社②園山栄樹の右クロスを⑧桑垣が押しこみ先制点を挙げる。前半37分には、大社⑥黒崎龍樹のノールックパスに、ダイアゴナルで走りこんだ⑧桑垣が決めて2点のリードを奪う。一方の青森山田は、39分に⑤原山海里のロングスローから⑩神谷優太がゴールを決め、1点差で前半を終えた。この1点で息を吹き返した青森山田は、後半16分、競り合いからこぼれたボールを⑦高橋壱晟が持ち込んで同点ゴールを決めると、試合終了間際、再び⑤原山のロングスローから⑦高橋が押し込み逆転。優勝候補の青森山田が辛くも1回戦を突破した。

img
img
img
img
img

(コメント)
青森山田
黒田剛監督
スタメンに2年生が5人いて、こういう舞台は場慣れしていないので、硬くなるのはわかっていました。前半はセカンドボールを拾えなくて、ボールの取りどころが深くなってしまっていて、さらに前線でボールが収まらなかったので、厚みのある攻撃ができなかった。(スローインから2得点したが)スローインはうちの飛び道具。そこに磨きをかけてきた結果がでた。

大社
佐々木秀臣監督
青森山田の高さ、リスタート、ロングスローはすごいストレスだった。ロングスローは質の高さとピンポイントできたらどうしようもない。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ