第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 四日市中央工-矢板中央(1)

2014年01月01日

篠幸彦(フリーライター) 取材・文

13年12月31日(火)/14:10キックオフ
神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客7588人/試合時間80分
四日市中央工
3 3-2
0-0
2
矢板中央
中田(前半5分)
加藤(前半7分)
小林(前半25分)
得点者 関岡(前半31分)
森本(前半34分)

前半早々の5分に四中工の⑮中田永一が先制すると7分に⑪加藤慧、25分に⑯小林颯と次々に加点。勝負が前半のうちに決したように思えたが、前半31分に矢板中央⑪関岡亮太が1点を返すと、前半34分に⑱森本ヒマンが決めて1点差に迫る。その後も矢板中央が猛攻を仕掛けるが四中工が逃げ切り、1回戦を突破する。

粘る矢板中央が1点差に迫るも
名門・四中工が逃げ切る

名門・四日市中央工と、4年前にベスト4入りを果たした矢板中央の対戦は、前半早々からゲームが動いた。前半5分、左サイドで四中工⑪加藤慧のパスを⑮中田永一がダイレクトでクロスを入れる。しかしこれがそのままゴールへと吸い込まれ、四中工が幸運な形で先制する。

さらにその2分後、四中工⑭中島司がバイタルエリアでボールを持つと、DFライン裏にスルーパス。ペナルティーエリア内へ抜け出した⑥大辻竜也が、中央で待つ⑪加藤にラストパス。それを流し込み、あっという間に2点をリードする。そして前半25分、矢板中央GK①岩元海人のキックミスを四中工⑯小林颯がカットし、無人のゴールへ。四中工は早い時間に3点目を奪い、試合を優位に進める。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ