第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 徳島市立ー帝京長岡(1)

2014年01月01日

川原宏樹(本誌) 取材・文

13年12月31日(火)/12:05キックオフ
神奈川県・等々力陸上競技場/観客2000人/試合時間80分
徳島市立
1 1-1
0-0
PK
3-2
1
帝京長岡
大西(前半15分) 得点者 山田(前半20分)

中盤で激しくつぶし合うゲーム展開。前半15分、20分と立て続けにゴールは生まれたが、両チームともにゲームを支配しきれずに決着はPK方式までもつれ込む。そしてPK戦を3ー2で制した徳島市立が2回戦進出を決めた。

強い気持ちがぶつかり合い
試合はPK方式に

徳島の伝統校と新潟の新鋭校の対戦は、両者とも勝ち越し点を挙げられずPK方式にまでもつれ込んだ。

前線からプレスをかけて中盤で激しくボールを奪い合い、両チームともにうまくパスをつなぐことができなかった。そこで徳島市立は⑲大西致誠を、帝京長岡は⑩山田貴仁をターゲットにして、ロングボールでゲームを組み立てようとする。さらに帝京長岡は得意の中盤選手のポジションチェンジにより、サイド攻撃を展開しようと試みる。そして帝京長岡は、前半13分に中盤でボールを奪い、ショートカウンターを仕掛けて決定機を作り出す。しかしゴールラインぎりぎりのところでDFにクリアされ、決定機を逃してしまう。すると直後の前半15分、徳島市立は左SBの⑪中峯正博がクロスボールを入れて、それをペナルティーエリア内右で受けた⑲大西が、ワントラップ後に右足を振り抜きゴール左隅に突き刺し先制点を挙げた。
ペースをつかみかけた矢先に失点した帝京長岡だったが、その後は⑩山田がスペースに開いてボールを受けたり、裏を狙うようになり決定機を作り出す。前半20分にDFラインの裏へ飛び出してゴール前までボールを運ぶもシュート直前でDFにクリアされてしまう。しかし、そのプレーで得たCKを⑩山田がファーサイドからヘディングで合わせて、値千金の同点弾をたたき込んだ。
同点後は、⑬岩渕裕人を左サイドに下げて中盤を厚くした帝京長岡のポゼッション率が高くなるも、決定的な場面を作り出せず前半が終了した。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ