第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 玉野光南-東北 (1)

2013年12月31日

平野貴也(フリーライター) 取材・文

13年12月31日(火)/14:10キックオフ
埼玉県・浦和駒場スタジアム/観客2036人/試合時間80分
玉野光南
1 1-0
0-0
0
東北
中井(前半11分) 得点者  

縦に早く攻めるチーム同士の対戦は、先にチャンスをものにした玉野光南が押し切った。前半に快足FW⑨中井レアーズが相手の守備ライン裏へ抜け出して先制ゴール。後半も2トップと左MF22土居晃貴のスピードを武器に敵陣へ押し込んだ。東北は後半5分に決定機を迎えたが決められず、終盤の猛攻も実らずに相手に逃げ切られた。

玉野光南が先制パンチ
開始早々の1点で押し切る

ロングパスを素早く前線に送ることで、敵陣でのセカンドボール争いに誘い込みたい両チームの対戦だった。

その中で、個性の光る攻撃で先制に成功したのは玉野光南だった。前半4分、⑩古矢涼が自慢のロングスローを右サイドから飛ばすと、ボールはゴール前を横切って逆サイドへ。待ち受けた2年生MF⑧後藤大輝がシュートを狙ったが、クロスバーを越えた。得点にはならなかったが、先発に3年生が2人しかいない東北を脅かすには十分だった。続く前半11分、左サイドでMF22土居晃貴の浮き球のパスに抜け出た⑨中井レアーズが東北のDF⑦高橋海斗と競り合うと、浮いたボールが前に出てきた相手GKの頭上を通過。いち早く反応した中井が、そのまま相手を置き去りにして無人のゴールへシュートを流し込んだ。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ