第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 履正社ー秋田商業(1)

2014年01月01日

川原宏樹(本誌) 取材・文

13年12月31日(火)/14:10キックオフ
神奈川県・等々力陸上競技場/観客2600人/試合時間80分
履正社
2 1-0
1-0
0
秋田商業
瀧本(後半4分)
菅原(後半40分)
得点者  

テンポのよいパス回しでゲームを組み立てた履正社が終始試合を圧倒。得点こそなかなか奪えなかったものの、常にボールとゲームを支配し負ける要素のない試合を展開して、2ー0で勝利を収めた。

テンポのよいパス回しで
履正社が試合を圧倒

激戦地区の大阪を制して創部10年で念願の初出場を果たした履正社。対する秋田商は、3年ぶり40回目と今大会最多出場数を誇る。新進校と常連校の対戦は、出場回数とは反比例し履正社が一方的にゲームを支配した。

テクニックのある選手を主体にショートパスで相手を崩しにかかる履正社に対し、秋田商は豊富な運動量でプレッシャーをかけ続けた。それでも履正社は、⑩石川玲、⑳牧野寛太を中心にテンポよくショートパスをつなぎ、左に流れた⑪瀧本高志や、両翼の⑯林大地、⑦宮原直也へ大きく展開しポゼッション率を高めていく。そしてサイドでボールを受けた選手が勝負を仕掛けて決定機を演出していった。しかし、秋田商は粘り強い守備をし、危険な場面で体を投げ出してゴールを許さなかった。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ