第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 水戸啓明-立正大淞南(1)

2014年01月01日

寺下友徳(フリーライター) 取材・文

13年12月31日(火)/12:05キックオフ
千葉県・ゼットエーオリプリスタジアム/観客3053人/試合時間80分
水戸啓明
1 1-0
0-0
0
立正大淞南
石川(前半38分) 得点者  

J1広島内定の左SB⑩高橋壮也を筆頭とした「強く、速い個の集合体」立正大淞南。「緩急で攻守を操る組織」水戸啓明。お互いのストロングポイントを出し合う好ゲームは前半38分に動いた。水戸啓明は立正大淞南の仕掛けるハイテンポをスローダウンさせると、大きく右サイドに展開。右SBの⑦阿部悠大がアーリー気味にあげたクロスをゴール前で受けたFW⑩石川大地が相手DF、GKの位置を見透かした右足シュートをゴール左に沈めて先制する。後半、優勝候補の名にかけ、このままで終われない立正大淞南はさらにドリブルのスピードを上げてゴールに迫ったが、焦りからシュートミスも多くスコアを動かせず。終わってみれば終盤は退場者を出すなど守勢を強いられながらも粘り強く守った水戸啓明が、水戸短大付属時代の2000年度・79回大会以来となる13年ぶりの選手権6勝目を完封で飾った。

水戸啓明に見た
「急ぎすぎない」勇気

「日本のサッカーは速い」。Jリーグにやってくる新外国人、特に南米系の選手は、来日してしばらくすると、ほぼ例外なくこんな衝撃を口にする。確かにCS放送などで目にするコパ・リベルタドーレスやワールドカップ南米予選などを見ると、DVDをスロー再生している錯覚にかられることもたびたびだ。むろん、緩急の引き出しを持ち、速さにも短期間で順応できる彼らの確かな技術がそれを可能にしていることはいうもでもないのだが……。

さて今大会優勝候補の一角にもあげられる立正大淞南は、この日本特有の「速さ」を突き詰めることを伝統にしているチームである。左SB絞り気味の位置からはJ1広島内定・U—18代表候補の⑩高橋壮也。右のワイドからは⑩高橋を超える直線でのスピードを有する⑲坂本将一朗。真ん中からはトップ下の⑰熊田克斗に1.5列目の⑦佐藤拓真ら。島根県大会決勝戦、南健司監督いわく「内容的には最悪」な中でも開星を振り切れたのも、彼らの突出したスピードがあったからだ。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ