第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 松商学園-西京(1)

2014年01月01日

安藤隆人(ライター) 取材・文

13年12月31日(火)/12:05キックオフ
東京都・駒沢陸上競技場/観客2756人/試合時間80分
松商学園
4 1-1
3-2
3
西京
上條(前半10分)
中澤(後半24分)
中澤(後半26分)
中澤(後半34分)
得点者 久保田(前半12分)
岡(後半15分)
新本(後半40+4分)

立ち上がりから両者ともに緊張を感じさせないプレーで、白熱した戦いを演出した。松商学園は8分、中央で得たFKを②上條寛太が直接決め先制するが、直後の12分、西京は左CKから、DF④久保田大智が同点弾を挙げると、55分にはFW⑩新本晃之の折り返しを、中央でMF⑧岡直樹が蹴り込んで、逆転に成功。だが、ここから松商学園が粘りを見せ、怒とうの攻撃から後半24分、26分、34分と立て続けにFW⑮中澤健太が決め、ハットトリックを達成。西京も試合終了間際にエース⑩新本が決めるが、届かず。松商学園が乱打戦を制した。

FW中澤がハットトリック達成
松商学園が攻め勝つ

ボトムアップ指導でメキメキと力をつけてきた松商学園と、エースFW⑩新本晃之を軸に、縦に素早いサッカーを展開する西京との一戦は、ともにシュートへの意識の高さがうかがえる試合となった。

ファーストシュートは前半4分。西京MF⑱吉武峻志が強烈なヘッドを放つが、これは松商学園GK①高木順平のファインセーブに合う。直後の6分、今度は松商学園DF②上條寛太が放ったシュートが右ポストを直撃。すると8分、松商学園はエース⑩高橋隼人の突破からFKを獲得すると、これを②上條が右足で鮮やかにゴール左隅に沈め、先制に成功する。だが、直後の12分、西京は左CKからのゴール前の混戦から、DF④久保田大智が蹴り込んで、すかさず同点に追いつく。

激しい攻防。ここからリズムをつかんだのは松商学園だった。松商学園は⑩高橋の巧みな動き出しに対し、全体がリズムを作り出した。高橋のポジションを常に視野に入れ、1.5列目の位置でFW⑬中野佑哉がバランスを取り、トップ下の⑥草間大希、左MF⑦赤羽舜、右MF⑮中澤健太、攻撃的な右サイドバックの②上條が、高橋への縦パスを攻撃のスイッチにして、一気に縦に連動をしていく。

しかし、16分の⑩高橋の強烈ミドルはバーを直撃し、20分にはMF20上田怜が決定的なシーンを迎えるが、ヘッドはバーの上。そして29分の⑬中野と、32分の⑩高橋の強烈なシュートは、いずれもGK①足立晶のファインセーブに合い、勝ち越し点を奪えない。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ