第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 広島皆実-丸岡(1)

2014年01月01日

鈴木智之(スポーツライター) 取材・文

13年12月31日(火)/14:10キックオフ
東京都・駒沢陸上競技場/観客2663人/試合時間80分
広島皆実
3 2-0
1-0
0
丸岡
重廣(前半22分)
亀井(前半27分)
横路(後半6分)
得点者  

統制の取れた守備でリズムを作った広島皆実が右サイドを起点に攻め立て、前半のうちに2ゴールを奪取した。後半に入っても攻守に連動したサッカーを展開し、丸岡のミスを突いて3点目をマーク。危なげない戦いで2回戦進出を決めた。

広島皆実が攻守にバランスの取れたサッカーを展開
丸岡につけ入る隙を与えず、3―0で完勝

攻守に高い完成度を見せつけた広島皆実が、丸岡を3―0と圧倒。前回優勝時以来となる5年ぶりの選手権勝利を飾った。広島皆実のシステムは4-1-4-1。アンカーにキャプテンの⑦高岡大翼を配置し、CBの④井上裕登と⑳丸山泰司でゴール中央に強固な砦を形成。素早い攻守の切り替えでボールを奪うと、スペースメークに秀でた1トップの⑪梶原亮を中心に相手ゴールに襲いかかる。

180センチを越える長身選手を最終ラインにそろえた丸岡だったが、広島皆実の2列目で存在感を発揮した⑧重廣卓也、⑥亀井政孝をつかまえることができず、右サイドハーフの⑨清谷陸、右サイドバックの②赤松義也にサイドをえぐられ、再三ピンチを招いた。

広島皆実は前半22分に右サイドを起点に相手を崩してクロスを上げると、クリアボールのこぼれ球を⑧重廣が「狙っていた」と豪快に蹴り込んで先制。5分後の27分にはまたも右サイドから②赤松の浮き球パスに⑥亀井が反応してヘディングシュート。相手DFの虚を突きヘディングで流し込み、2点にリードを広げた。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ