第92回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

THE NATURE OF THE PARAMEXICO 歴史が起こす革新を

gol.(ゴル) 公式ストアー | サッカー・フットサル アパレル

第92回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 東福岡-米沢中央(1)

2014年01月01日

松尾祐希(サッカーライター) 取材・文

13年1月2日(水)/14:10キックオフ
埼玉県・埼玉スタジアム2002/観客3412人/試合時間80分
東福岡
6 3-0
3-0
0
米沢中央
木戸(前半11分)
木戸(前半28分)
赤木(前半32分)
阿部(後半20分)
オウンゴール(後半28分)
増山(後半40+1分)
得点者  

東福岡が立ち上がりから猛攻を仕掛け、前半11分の⑨木戸皓貴の得点を皮切りに、前半だけで3得点。後半に入っても主将⑧阿部敬太、オウンゴール、途中出場の⑰増山朝陽のゴールでリードを広げて、終わってみれば6−0の快勝。初出場の米沢中央を寄せつけず、盤石の勝利を収めた。

今大会屈指のタレント集団
東福岡が6発快勝

前半の立ち上がりから東福岡が、米沢中央に対して猛攻を仕掛ける。東福岡の森重潤也監督が「相手が5バックでくることは想定していたので、しっかりとサイドを突いて相手を広げさせて行きながら、中央やサイドから仕掛けられたらいいなと思っていた」と振り返ったように、⑩松田天馬、⑧阿部敬太、⑥草野昂希で構成される逆三角形の中盤がボールを動かし、ポゼッションを高めて両サイドにボールを展開。そしてラストパスを、大会得点王を狙う絶対的ストライカー⑨木戸皓貴に集約させる攻撃は、じわじわと米沢中央の守備陣に亀裂を走らせていった。

>ページ2へ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ