[ 都道府県別予選結果 ]
最近のレポート
トップマッチレポート第91回全国高校サッカー選手権大会>1回戦 香川西-創造学園

Match Report マッチレポート

PUMA KING
gol
トーナメント表
大会概要

第91回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム

2012/12/31

第91回全国高校サッカー選手権大会 1回戦 香川西-創造学園

平野貴也(フリーライター) 取材・文
12年12月31日(月)/14:10キックオフ/千葉県・フクダ電子アリーナ/観客2962人/試合時間80分
香川西
1-1
2-1
創造学園
前半17分 近藤
後半18分 金沢
後半34分 近藤
得点者 前半40分 高木
後半30分 宮下

リードする香川西を初出場の創造学園が追う展開で試合は進んだ。17分にリードを許した創造学園は40分にセットプレーで追いつき、前半を1-1で折り返した。後半は創造学園に勢いがあったが、後半18分に香川西が⑧金沢の個人技で勝ち越し。後半30分に再び追いつかれたが、4分後に右サイドを鮮やかに攻略。⑦藤岡のシュートのこぼれ球を⑬近藤が押し込んで決勝点を奪った。

香川西が攻撃力対決に勝利
粘る創造学園を振り切る

前半は探り合いながら、後半はガードを下して攻め合った。先制した香川西は2度追いつかれたが、最後に突き放した。前半は香川西が、初出場の創造学園を相手にあっさりと主導権を握った。17分、左MF⑧金沢裕平がドリブルで中央に切れ込んで、スルーパス。FW⑬近藤義剛が相手GKをかわして左足シュートを決めた。ロングパスを前線に当て、セカンドボールを拾った中盤の選手がドリブルでぐいぐいと仕掛けるスタイルは健在。リードした後も優位に試合を進めた。

高校総体のベスト16を上回るベスト8入りを目指す創造学園は、相手の背後を突くか、ポストプレーから組み立てるのかがハッキリせず、攻撃の歯車が合わなかった。J2松本入団内定のFW⑩宮下周歩は「ポストプレーから攻撃を組み立てようと思ったけど、DFラインの選手は相手の背後に抜け出てほしいようだった」と、縦パスがつながらない時間が続いた要因を説明した。それでも、創造学園は前半終了間際に追いついた。右サイドで得たFKのチャンス。DF③桾澤海の両脇にキッカーを置いて相手に狙いをしぼらせず、③桾澤がわずかに転がした球をDF④高木智也が豪快にけり込んで同点に追いついた。

後半は⑩宮下のポストプレーから攻撃を展開することを確認した創造学園のペースで試合は進んだ。後半11分、創造学園はトップ下の⑧勝沢拓斗から敵陣中央へ展開。負傷者が出たために代打出場となった2年生ボランチの⑱鎌倉涼が放ったミドルシュートはクロスバーを直撃。こぼれ球を⑩宮下が詰めたが、ゴール枠をとらえられなかった。

香川西は直後に選手交代でFW⑦藤岡航世を投入して攻撃を活性化。すると後半18分、左サイドで⑧金沢が個人技で相手をかわしてシュートを決め、再びリードした。ところが後半30分、香川西は自陣左サイドの深いところでボールロスト。創造学園はボールを奪ったDF22山本景斗がMF⑧勝沢につなぎ、最後は⑩宮下が左足で冷静にコントロールしたシュートを打って同点に追いついた。

この瞬間まで、後半は創造学園が攻めて香川西がカウンターを狙う展開だったが、創造学園は2点目を奪った直後に推進力が落ちた。守備の出足が鈍った後半34分、香川西は右サイドでMF⑩箱崎裕也から途中出場の⑦藤岡が受け、切り返しのフェイントで相手をかわしてシュート。相手GKが弾いたボールを⑬近藤が押し込んで、決勝点となる3点目を奪った。香川西はロングパスとドリブルの組み合わせが持ち味の攻撃が光った。一方、創造学園も攻撃力は通用することを証明した一戦だった。

<監督・選手コメント>
香川西・大浦恭敬監督
「本当はもっとパスをつないで攻撃してもよかったが、ボランチの調子が悪かった。⑥片倉は昨日の選手宣誓が終わって安心して気が抜けたのかもしれない。今日は全然よくなかった。相手は⑩と⑲がボールキープをできる。うちにはない武器を持っている。彼らがボールを受けるときには、体の一部をしっかり当てて自由にやらせないようにと指示を出していた」

香川西・⑬近藤義剛
「1点目は⑧金沢からいいスルーパスが出てきたので、相手GKの動きを冷静に見て決めた。2点目は⑦藤岡が打つと思ったので、詰めに行った。リバウンドを狙う動きを練習からやっているので、成果が出た。3年生になって自分が点を取って勝ちたいという気持ちが強くなったのが、得点を取れるようになったことにつながっていると思う」

創造学園・勝沢勝監督
「2点のビハインドを追いついたときは、こいつらさすがだなと思った。でも、次の失点の対応が悪かった。縦パスを入れられる前の段階で厳しくいかなければいけないところでいけなかった。香川西の選手のようなドリブラーは長野にはあまりいないので、対応が難しかった部分はあると思う。今回の経験がチームの土台となり、来年以降に結びつけばいいと思う」

創造学園・⑩宮下周歩
「(チームの)2点目は、ボールが転がって来ないかなと思っていたら来た。イメージどおりにボールを止めてしっかり決められた。1-2から追いつけたのは、今年のチームの粘り強さ。(近年この大会で勝ち星がない)長野の代表だってしっかり戦えるぞということを少しは見せられたと思う」

第91回全国高校サッカー選手権大会更新一覧へ
STRIKER DX ストライカーデラックス 2013 1・2月号
ストライカーDX 
2013年1・2月号
STRIKER DX ストライカーデラックス 2013 1・2月号
サッカー ワンポイント
レッスン500
STRIKER DX ストライカーデラックス 2013 1・2月号
新 500円で
必ずうまくなるサッカー
ドリブル
STRIKER DX ストライカーデラックス 2013 1・2月号
新 500円で
必ずうまくなるサッカー
キック

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク