2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
決勝トーナメント1回戦  ベルギー-日本

2018年07月03日

松岡健三郎 本誌 写真・文

18年7月2日 21:00 ロストフ・ナ・ドヌ
ベルギー
3 0-0
3-2
2
日本
ベルトンゲン(後半24分)
フェライニ(後半29分)
シャドリ(後半90分+4)
得点者 原口元気(後半3分)
乾貴士(後半7分)

後半の激闘を制したのはベルギー
日本は惜しくも敗退

FIFAランキング3位のベルギーと、61位の日本との対戦。順位と比例しない互角の戦いを見せた日本は前半、嫌な時間帯を耐えしのぎ後半にかける。
すると立ち上がり、柴崎岳がセンターサークル付近から、右サイドの原口元気へスルーパス。それを受けた原口が一気にゴールへ。フェイントを入れて右足一閃! クルトワの反応も及ばず、ファーサイドのサイドネットに突き刺し先制ゴール。その勢いのまま7分、香川真司とのパス交換から乾貴士が右足で無回転シュート。こちらも名手クルトワの左手は届かずゴール。
後半の7分間で一気に2ゴールでリードした日本。しかし、ベルギーもカラスコ、メルテンスといった主力を下げて、高さのフェライニ、つなぎのシャドリを入れる。すると流れが一変する。
後半24分にベルギーのCKからこぼれ球をベルトンゲンが中央へヘディングで折り返す。それがまさかのそのままゴール。立て続けに29分にはエデン・アザールが巧みなフェイクからクロス。これをフェライニが打点の高さを生かして決め、一気にに同点に追いつく。
延長戦がちらつく中、日本のCK。本田圭佑が蹴ったボールはクルトワがキャッチ。そこからベルギーの電光石火のカウンターがさく裂。最後はシャドリが決めて、日本はアディショナルタイムにまさかの逆転を許し、そのまま試合終了の笛。
日本史上初のベスト8が見えたかに思えたが、そう甘くはなく2点差を逆転され、日本はベスト16で終わった。

img
写真:Matsuoka Kenzaburo

日本代表選手23人のプロフィール、経歴を紹介。

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ