2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
グループH 日本-ポーランド

2018年06月29日

松岡健三郎 本誌 写真・文

18年6月28日 17:00 ボルゴグラード
ポーランド
0 0-0
1-0
0
日本
ベドナレク(後半14分) 得点者  

試合に敗れるも
グループリーグ突破!

日本はグループリーグ突破へ向けた大事な試合。もし負けても、セネガル-コロンビアのスコアによっては勝ち上がりもある。
試合会場の気温は36度。風がなく選手にはもっと暑く感じたはずだ。それも考慮してか、先発をフレッシュな選手に6人入れ替えて臨んだ日本。それもあってか前半からパスミスが目立ち、時折ポーランドのカウンターを受ける。
決定機を作られるも川島永嗣のセーブで難を逃れた。岡崎慎司と武藤嘉紀の2トップも積極的にゴールを狙うがゴールは生まれず。
後半も同じような展開だったが、ポーランドが左サイドからのFKを得ると、クルザワの蹴ったボールをフリーになったベドナレクが決めてポーランドが先制。
同点に追いつきたい日本だったが、残り10分を切ると長谷部誠を入れてまさかの時間稼ぎ。
コロンビアが1-0でリードしたのだ。このまま終わればセネガルと勝ち点、得失点、総得点と並ぶため、今大会から導入されたフェアープレーポイント(イエローカード、レッドカードの数による累積ポイント)で順位が決まる。
セネガルにポイントで勝っている日本はこのまま何事もなければ勝ち上がりが決まるため、長谷部をDFラインに入れてゲームを終わらせるよう指示をした。
会場からは大きなブーイングが出るも、そのまま試合終了。数分後にコロンビアの勝利が決まり、日本のグループリーグ突破も決まった。

img
写真:Matsuoka Kenzaburo

日本代表選手23人のプロフィール、経歴を紹介。

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ