2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
グループH 日本-セネガル

2018年06月25日

松岡健三郎 本誌 写真・文

18年6月25日 20:00 エカテリンブルク
日本
2 1-1
1-1
2
セネガル
乾貴士(前半34分)
本田圭佑(後半33分)
得点者 マネ(前半11分)
ワグエ(後半26分)

同点に追いつき
突破の可能性の残す

初戦を勝利したチーム同士の対戦は、波乱のグループとなったH組のカギとなる一戦になった。
日本はコロンビア戦に勝利したことで、落ち着いて試合に入れたかに見えた。しかし前半11分、原口元気の中途半端なクリアボールを拾われて、シュートを打たれる。GK川島永嗣がパンチングするが、そのボールがマネに当たりゴール。不運な形で先制された。
嫌な流れとなったが、34分に日本は柴崎岳のサイドチェンジが長友佑都につながる。長友がコントロールしたボールを乾貴士とスイッチ。乾が相手を1人外してインカーブシュートを見事に決めて同点とした。
後半は右サイドを突破され、逆サイドのワグエに決められてセネガルに追加点を奪われた。しかし、日本は本田圭佑、岡崎慎司を入れて前線を活性化させると、後半33分に乾のクロスから、ニアサイドで岡崎がつぶれて、ファーサイドに抜けたボールをフリーの本田が決めて同点。
そのまま2-2で試合終了。日本は勝ち点を4に伸ばし、グループリーグ突破が現実味を帯びてきた。

img
写真:Matsuoka Kenzaburo

大迫、香川、原口、宇佐美ほか、国内、海外のサッカースター20人の成長物語。

サッカースターになる!
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ