2018FIFAワールドカップロシア 足ワザマッチレポート
グループE ブラジル-スイス

2018年06月18日

ストライカーDX編集部 構成

18年6月17日 21:00 ロストフ・アレーナ(ロストフ・ナ・ドヌ)
ブラジル
1 1-0
0-1
1
スイス
コウチーニョ(前半10分) 得点者 ツバー(後半5分)

ブラジルまさかのドロー発進

慎重な立ち上がりを見せた両チームだったが、前半10分にコウチーニョの鮮やかなミドルシュートが決まり、ブラジルが先制する。その後はややブラジル優勢で試合が進むが、スイスも時折相手ゴールに迫るなど、緊迫した展開が続く。そして後半立ち上がり5分、スイスがCKからツバーがヘディングシュートを決め同点とする。これで焦りの色が見え始めたブラジルが一気に攻勢に出たが、スイスの堅守に合い決勝ゴールを奪うことができなかった。前回大会の雪辱を誓うブラジルだったが、まさかのドロー発進。一方のスイスはこの大一番を制したことで、決勝トーナメント進出への期待が大きく膨らんだ。

img

GK、ノーチャンスの
超絶インカーブシュート

ケガから復活し、ここのところの親善試合で絶好調をアピールしていたネイマール。圧倒的な輝きを放つこの男に大きな注目が集まっていたが、やはりタレントの宝庫ブラジルだけに、ネイマール以外にも見逃せない選手たちが数多くいた。その一人がバルセロナで活躍するコウチーニョだ。
前半10分のインカーブシュートはその才能をいかんなく発揮したビューティフルゴール。リーグ戦でも何度も決めているシュートで、「型」にはまった得点だった。相手のクリアボールをゴール左で拾ったコウチーニョ。距離は20メートル以上あり、自分の前には何人ものDFがいたが、その外側を通るように右足でカーブをかけた。ボールの初動は完全にゴール右に外れていたが、そこから急激に曲がりゴール右ポスト内側にあたってゴールネットに吸い込まれた。GKゾマーも反応よく跳躍したが、手をかすめることもなく、ゴールを許した。世界広しといえども、このコウチーニョのシュートに触れるGKはいないだろう。それほどスピード、コース、軌道ともパーフェクトな一撃だった。

ストライカーDX夏号では、ロシアワールドカップに出場する注目選手の足ワザを紹介、マスターできるようレッスンしています。ぜひご一読を!

ストライカーDX2018年夏号
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ