FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017
グループD 第2節
U-20日本-U-20ウルグアイ

2017年05月25日

松尾祐希(フリーライター)取材・文
松岡健三郎(本誌)写真

17年5月24日(水)20:00キックオフ/Suwon World Cup Stadium/試合時間90分
U-20日本
0 0-1
0-1
2
U-20ウルグアイ
  得点者 ニコラス・スキアッパカッセ(前半38分)
マティアス・オリベイラ(後半45+1分)

勝ち点3をつかめば、決勝トーナメント進出に近づくU-20日本代表。序盤から勢いよく相手ゴールに迫るが、20分にエース・小川航基が左ヒザの負傷で途中交代を余儀なくされる。このアクシデントにより、前線で起点を作れなくなると、前半38分に一瞬のスキを突かれて失点。後半に入って堂安律や途中出場の久保建英を中心に反撃を試みるが、フィニッシュの精度を欠いて決定機をモノにできない。すると、ウルグアイに試合を決定づけられる一発を終了間際に見舞われ、万事休す。南米王者に力負けし、グループリーグ突破は27日のイタリア戦に持ち越しとなった。

ワールドスターンダードの
プレー強度に敗戦

決定力の高さ、タフさ、フィジカル能力の違い。いずれの部分もウルグアイは日本より一枚上手。何より試合の要所を抑えてくるゲームコントロールは、日本の上を行くしたたかさがあった。実際にボール支配率は55パーセントで相手を上回っていたが、試合の主導権を握っていたのはウルグアイ。「後半はやれていたけどやっぱり最後の質」と堂安律が差を認めたように、勝ち切る力という点で相手に分があった。

日本は20分に小川航基を左ヒザの負傷で失う。決定力を持ったストライカーの離脱はチームにとって計算外だった。ただ、エースのアクシデントは仕方ない。残された選手たちは懸命にゴールをこじ開けにかかり、後半は好機を何度か作った。後半10分に小川に代わって途中出場の久保建英がシュートのこぼれ球に詰めた場面。同様の形で58分に訪れた堂安のヘディングシュート。決定的と呼べる場面は作り出していたが、いずれも決め切れず。逆にアディショナルタイムにカウンターから失点を喫して勝負は決した。

相手を仕留め切れそうでできない。その雰囲気のまま、最後まで行ってしまった若き日本代表。試合後に選手たちに話を聞くと、一様に同じような答えが帰ってきた。

「1つかわしてもまた来るので、カバーの速さや修正の速さを感じた」(岩崎悠人)
「(リーチの長さより)相手が速いのでそっちのほうが苦しかった。1歩が速い」(久保)

相手のプレー強度に最後まで対応できず、ピッチ上で余裕をなくしていたことがうかがえる。ただ、ウルグアイは全力で日本をつぶしにきたわけではない。「ボールを持たされていたというか、真ん中をやられなかったらOKという感じの雰囲気が相手にはあった」とは市丸瑞希の言葉。Jリーグの基準で言えば、この日の南米王者は圧倒的な寄せの速さを持っていた。しかし、世界のスタンダードに照らし合わせれば、相手はいつもと変わらないプレーをしただけにすぎない。

次は27日にグループリーグ突破を掛け、ヨーロッパの強豪・イタリアと対戦する。残された時間はあと2日。短期間で修正する作業は難しいだろう。それでもやらなければ、決勝トーナメントへの扉は開けない。

ウルグアイのプレー強度を自分たちの新たなスタンダードにする――。
この敗戦の真の価値はイタリア戦のピッチにある。

img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ