最近のレポート
トップマッチレポートFIFAコンフェデレーションズカップ2013>グループA マッチ5 ブラジル―メキシコ

バナー広告掲載希望のお問い合わせはstriker@gakken.co.jpまで

Match Report マッチレポート

FIFAコンフェデレーションズカップ2013 足ワザマッチレポート 足ワザ解説動画つき

更新一覧 試合日程/結果 グループリーグ順位表
ボール

FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013 足ワザマッチレポート
グループA マッチ5 ブラジル―メキシコ

粂田孝明(本誌) 構成

13年6月19日 16:00 カステラン・スタジアム(フォルタレザ)

ブラジル
2 1-0
1-0
0
メキシコ
ネイマール(前半8分)
ジョー(後半47分)
得点者  
フォーメーション
ブラジル
監督スコラーリ
GK
12ジュリオ・セーザル
DF
6マルセロ 4ダビド・ルイス 3チアゴ・シウバ 2ダニエウ・アウベス
MF
19フッキ 17ルイス・グスタボ 18パウリーニョ 10ネイマール 11オスカル         
FW
9フレッジ
交代
後半16分 11オスカル→8エルナネス
後半32分 19フッキ→7ルーカス
後半36分 9フレッジ→21ジョー
警告・退場
警告 前半43分 3チアゴ・シウバ
警告 後半30分 2ダニエウ・アウベス
メキシコ
監督デ・ラ・トーレ
GK
12コロナ
DF
20J・トーレス 15モレーノ 2F・ロドリゲス 21ミエル
MF
18グアルダード 10ドス・サントス 22フローレス 6トラード 3サルシード
FW
14エルナンデス
交代
後半12分 22フローレス→16エレーラ
後半24分 20J・トーレス→7バレーラ
後半42分 6トラード→19ヒメネス
警告・退場
警告 前半20分 18グアドラード
警告 後半43分 16エレーラ
警告 後半44分 2F・ロドリゲス
[ゲームのあらすじ]
ブラジルは、前半8分にネイマールの芸術的なボレーシュートで先制すると、その後は省エネサッカー。メキシコの攻撃を受け止めて効率よく相手ゴール前まで攻め込む展開で余裕の戦いを見せる。終了間際にはネイマールのドリブル突破からジョーが2点目を決め勝負あり。ブラジルが横綱相撲で2連勝を飾った。

注)時間表記について
当足ワザマッチレポートの時間表記は、そのプレーの起こった分で表示しています(例:0分50秒→0分、13分40秒→13分)。

ゲームハイライト&足ワザメモ 【】内の足ワザはクリックで解説動画を表示します!
前半

1分 BRAブラジル ネイマール 足ワザ
左タッチライン際でパスを受けたネイマールは縦にボールを運び敵とスピード勝負。敵と並走したところで、【一拍子ターン】で入れ替わり、スルーパスを通す

8分 BRAブラジル ネイマール ゴール
ダニエウ・アウベスの右クロスを敵がヘディングでクリア。それをファーサイドで待ち構えていたネイマールが、左足でボレーシュート。ジャストミートしたボールは強烈な弾道でゴール左に突き刺さった。開幕戦に続き、またしても華麗なゴールだった

13分 BRAブラジル ダニエウ・アウベス 足ワザ
右サイドからGKの頭上をついたチップキックでの【ループシュート】でゴールを狙う。しかしGKにギリギリのところでボールをかき出されゴールならず

15分 MEXメキシコ J・トーレス 足ワザ
左サイドでJ・トーレスがドリブル。左足で一度切り返し、敵が体勢を崩したところで、左アウトで縦に出すインアウト切り返しで縦に突破した

15分 MEXメキシコ ミエル 決定機
ゴール前の混戦からミエルが拾い、右から狙うもわずかにゴール左に外れる

18分 MEXメキシコ ミエル 足ワザ
味方からのバックパス。敵がプレスに来たので、右足のツマ先でツンとボールを上げて敵の足をかわすワンタッチミニシャペウで敵をかわし前にドリブルする

22分 BRAブラジル ネイマール 足ワザ
右ハーフウェーラインから前線に走るネイマールヘロングパス。それをネイマールが逆取り胸トラップで敵をかわし、左足でシュート。惜しくも枠を外れる

後半

9分 BRAブラジル ネイマール&フッキ 足ワザ
フッキが左ペナルティーエリア角でボールを持ち、ネイマールへ横パス。少しバウンドしたボールだったので、ネイマールはあえて浮かせてリターンパスを出した。このループワンツーでチャンスを迎えたが、フッキのシュートは枠をとらえなかった

19分 BRAブラジル ネイマール 足ワザ 決定機
カウンター。パウリーニョがロングドリブルで敵の間をスルスルと抜ける。左でパスを受けたネイマールが前の敵を右アウトでかわし、すぐに右足で股抜きシュートを狙う。ニアを突いたがGKが辛うじて触りCKへ

23分 BRAブラジル ネイマール 足ワザ
左タッチライン際でボールを持ったネイマールは、右足裏でボールを左へ転がし、左インでタッチして軸足を通して切り返す。さらに右足でステップを踏んで敵を揺さぶり一気に縦にボールを運んで敵を引き離した。この一連のネイマールスペシャルで歓声を誘った

34分 MEXメキシコ バレーラ 足ワザ
右タッチライン際でボールを受けたバレーラが右アウトで突くような小刻みなタッチで敵のタックルを誘い、その瞬間に長くタッチしてかわした。この誘いドリブルで2人を立て続けにかわす

35分 MEXメキシコ ドス・サントス 足ワザ
右サイドでドリブルに入ったドス・サントスが、左足でステップを踏むラ・ボバで縦に突破。最後はヒールキックで味方へパスを送る

39分 BRAブラジル ネイマール 足ワザ
左タッチライン際からのスローイン。ネイマールは敵を背にしていたが、意表を突いてワンタッチバックシャペウを決め、敵の頭上を越して抜き去る

47分 BRAブラジル ネイマール 足ワザ ジョー ゴール
ネイマールが左でドリブルし2人の敵と対峙。シザーズで敵をけん制してから、足裏&インのダブルタッチで敵の股を抜き、ラストパス。ゴール前にいたジョーがフリーでゴールを決めた

ゲームの感想 ★★★☆☆ ブラジルが省エネサッカーを披露

「ネイマールの大会」なのかも

危なげない試合運びでブラジルが快勝した試合。内容・試合展開はほぼ日本戦と同じ。開始早々に先制点を奪い、そこからはサイドバックのマルセロとダニエウ・アウベスがやや後ろに重心を置いた慎重なサッカーを展開。奪ったボールを素早く前線につないで少ない人数でフィニッシュを狙う形に終始していた。終了間際まで追加点はなかったが、アディショナルタイムにきっちり2人で点を取ってしまったのも、日本戦とそっくりだった。
この試合でもネイマールはゴールを決め、通算2得点。しかもともに華麗なボレーシュートと、その技術の高さを証明するようなものだった。この2試合を見る限り、今大会はネイマールの大会になる可能性がある。2試合を通して失点ゼロの守備力の高さといい、有能なタレントが実力を最大限に発揮する機能的な組織力といい、ブラジルの強さは疑いようがない。イタリアが日本に勝ったため、ブラジルはイタリアともに決勝トーナメント進出が決定。ここから先の戦いが非常に楽しみだ。

このページの上へ FIFAコンフェデレーションズカップ2013更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク