JFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会
決勝 川崎フロンターレU-12-大阪市ジュネッスFC

2018年12月30日

粂田孝明(ストライカーDX) 取材・文

18年12月29日(土)9:30キックオフ/鹿児島県・白波スタジアム/観客2,025人/試合時間40分、延長戦10分、PK方式
川崎フロンターレU-12
2 0-0
2-2
延長
0-0
0-0
PK
4-3
2
大阪市ジュネッスFC
田所莉旺(後半8分)
荒井颯太(後半15分)
得点者 野口類(後半10分)
増井那月(後半14分)

決勝戦にふさわしい緊迫したゲームを制したのは、爆発力のある川崎フロンターレU-12だった。立ち上がりから攻守の入れ替わりの激しい試合となる中、やや川崎Fのペースで試合が進む。後半8分には⑤田所莉旺が待望の先制点を決めるが、ここから大阪市ジュネッスFCの猛攻が始まる。そして後半10分に⑧野口類、後半14分に⑨増井那月が立て続けにゴールを決め、一気に試合がひっくり返る。しかしその1分後、川崎Fの左サイド⑦荒井颯太が豪快なミドルシュートを決め、同点に。試合はそのまま膠着状態となり、延長戦でも決着がつかずPK戦へ。ここでも互いに全3人が決め接戦となるが、4人目で勝負が決し、川崎Fがうれしい初優勝を手にした。

img
喜ぶ川崎フロンターレU-12。一時は逆転されるも、そこから追いつくメンタルの強さが光った
img
大阪市ジュネッスFCの同点ゴール(⑧野口類)。これで流れが変わり、逆転弾が生まれた
img
⑩齊名優太のPKが決まり優勝! 直前にシュートストップしたGK①太田陽彩のもとに駆け寄る

コメント
高田栄二監督(川崎フロンターレU-12)
年明けからチームを率いて、ダノンネーションズカップではベスト16で大阪市ジュネッスFCに負け、次の出場権を獲得できなかった。それ以降の大会でも結果を出せず、ことごとく目標を達成できていなかった。今大会ではもちろん勝利を目指していたが、まさか優勝できるとは思っていなかった。今日は、マップアップの位置を変えたり、目先を変えたりして工夫をしたが、相手の跳ね返す力が強く、実際に最終ラインを破れなかった。この大会では選手個々が成長してくれた。これまで目標を達成できていなかったことで、意識が高まり、最後はこうしてチーム一丸となって優勝することができた。

⑦荒井颯太(川崎フロンターレU-12)
逆転されたときは、焦りもあってヒヤッとしたが、1回冷静になっていつも通りプレーをした。(同点ゴールは)キック力に自信があるので、思い切って狙おうと思った。相手は足元の技術があるので、一発で取りに行くとかわされてしまう。だから徐々に距離を詰めてしつこく対応するようにしていた。

清水亮監督(大阪市ジュネッスFC)
相手の⑦(荒井颯太)、⑤(田所莉旺)、⑪(香取武)。そしてCKでの③(山中大輝)と、マークするべき選手がたくさんいて脅威が多かった。同時に相手も同じように我々を分析していて、戦術的な争いになっていた。攻めにいくとやられるので、できたところとできないところがあった。選手たちは今ある最高のパフォーマンスを出してくれた。選手たちには感動をありがとうと伝えた。この大会は我々のサッカーをお披露目する大会だと臨んだが、それ以上に成長をさせてくれた大会だった。

⑩川口遼己(大阪市ジュネッスFC)
あまりボールを受けられなかったけど、みんなで楽しんで試合ができて、準優勝という成績が出せてよかったかなと思う。(日本のサッカーが目指す理想像に近いプレーをしているチームを表彰するMost Impressive Teamに選ばれたことについて)日本サッカー協会が僕たちのサッカーを選んでくれてうれしい。

⑨増井那月(大阪市ジュネッスFC)
最初は相手のペースで後半はうちのペースだったが、最後に決めきれずにめっちゃ悔しい。先制されたときには、それまでシュートが少なかったので、もっと打とうと思っていた。やはり全国レベルのディフェンダーは強かった。サイドからのロングシュートとトップの足元の技術はレベルが高かった。いつも通り楽しくサッカーはできたが、自分自身のプレーには少し不満が残った。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ