JFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会
準決勝 川崎フロンターレU-12-ソレッソ熊本U-12

2018年12月28日

粂田孝明(ストライカーDX) 取材・文

18年12月28日(金)14:00キックオフ/鹿児島県・白波スタジアム/観客1,151人/試合時間40分
川崎フロンターレU-12
3 0-1
3-0
1
ソレッソ熊本U-12
田所莉旺(後半5分)
香取武(後半11分)
新堀翔(後半12分)
得点者 木實快斗(前半4分)

冷たい強風が吹く中、風下の川崎Fが序盤からペースをつかむが、開始4分に先制点を許してしまう。その後も次々とチャンスを作るがゴールを奪えず後半へ。川崎Fの猛攻が実を結んだのは後半5分。ループパスに⑤田所莉旺が抜け出し右足でゴールネットに突き刺した。これで同点となると、さらに攻撃のギアがあがり、後半11分に⑪香取武、その1分後に⑬新堀翔が決め、一気に相手を引き離す。結局後半は相手のシュートを2本に抑えて試合を締めくくった。

img
熊本の先制点を決めた⑩木實快斗。左足を駆使し、ドリブルやシュートで何度か見せ場を作った
img
174センチで大会No.1の長身⑤田所莉旺の同点ゴール。中央に位置し、攻守に大活躍した
img
⑬新堀翔のシュートを止めるGK①宮本哲宏。安定感、セービング力は大会トップレベルだった

コメント
高田栄二監督(川崎フロンターレU-12)
ハーフタイムではまだ0-1だったので、「まだ20分ある。ここで逆転できたら本物だぞ」と伝えた。勢いがつけば立て続けに点が入るジュニアらしい試合展開だった。

広川靖二監督(ソレッソ熊本U-12)
思っていたよりも相手の個の力が強かった。本来、うちは両サイドで主導権を奪って攻撃するチームだが、そこが相手のほうが上だった。さらに中央の⑤(田所)に攻め込まれると、どうしようもなかった。グループステージや決勝トーナメントでもやってこなかった相手で、守備が強く、ポジショニングもよかった。選手たちはベストを尽くしてくれ、さまざまなトライをしてくれた。ただ完敗としか言いようがない内容だった。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ