第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
決勝
INAC神戸レオネッサ-アルビレックス新潟レディース

2015年12月28日

松岡健三郎(本誌)取材・文・写真

15年12月27日(日) 14:00キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/観客20,379人/試合形式90分
神戸
1 0-0
1-0
0
新潟
澤穂希(後半33分) 得点者  
img_01
澤穂希自らのゴールで勝ち取った最後の栄冠

 日本女子サッカー史上最高の選手、澤穂希のラストマッチ。否が応でも選手は固くなる。時間帯により傾く試合の流れは互角の戦いとなった。こう着状態がつづきこのまま試合が終わるかと思われた後半33分。これまで数多くの大舞台で点を決めてきた澤が自ら引退を祝うゴールを決めて見せた。

「前半何本かあったCKで、相手の長身の北原佳奈にニアでカットされていたので、後半のCKではそこを越えるボールを要求しました」と狙いどおりのゴールを決めた。川澄奈穂美が蹴ったCKを見事なヘディングでゴール。

「試合前から今日は貪欲にゴールを狙っていくとチームのみんなにも伝えていたので、いつもはニア(サイド)に走りこむんですが、後半はファー(サイド)に行かせてもらいました」。澤の嗅覚で貴重な先制点を奪った神戸。新潟も終盤猛攻を仕掛けるが得点ならず。神戸が「ハードワークと気持ちの入ったプレー」という、澤が毎試合心がけてきた教えをチーム全員が表現し、1-0で守り切り、2年ぶり5度目の皇后杯を獲得した。澤穂希の最後に、また一つ新たな伝説が刻まれた。

ピックアッププレー

3人の連動でサイドを攻略

先制点が生まれたCKの前の形は、神戸が再三狙っていた攻撃だ。

img_01

 サイドバックの②近賀ゆかり、もしくはセンターバックの⑤甲斐潤子がボールを持つと、サイドハーフの⑨川澄奈穂美が下がってきてボールを受けようとする。そこに相手サイドバックがついてきて、サイドバックが守るはずのスペースへ縦へのロングボールを入れる。FWがダイアゴナルランで走りこみ裏のスペースを使う。相手センターバックがカバーに出るため、中央の守りも薄くなる。左右どちらからでも、これが神戸の狙いだった。

 得点を決めたCKの前もこの形からだった。縦パスに対して、途中出場で流れを変えた期待の若手⑳増矢理花がスペースに走りこむ。中央へグラウンダーのクロスに⑩大野忍が飛びこむが、新潟⑥左山桃子がスライディングでクリアした。

 それで得たCKも、作戦どおりで澤が見事に決めて優勝をものにした。前半から何度も狙っていた形から得点へとつながった神戸が有終の美を飾った。

img_01
2近賀ゆかりからの縦パスで攻撃のスイッチを入れた
img_01
9川澄奈穂美のCKを8澤穂希がヘディングでゴールし、喜びを爆発させた
img_01
現役ラストマッチとなった澤の姿を一目見ようと
2万人以上の観客が詰めかけ、試合後も多くの声援が送られた
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ