中山英樹GKコーチ レッスン [第1回]
自分たちでトレーニングメニューを作ってみよう

2015年08月14日

取材・文 松尾祐希(フリーライター)

GKを始めて間もない選手たちや、専門的なトレーニングを受けたことがない選手たちは、何から始めたらいいか分からないことも多いと思います。今回は福岡県を中心に福岡GKスクールを主幹し、東福岡高校でもGKコーチとして指導されている中山英樹氏に、小学生~中学生年代の選手のトレーニング方法を教えていただきました。

img_01

先にメニューを考えてから
トレーニングする

――GKを始めて間もない選手、自信がない選手は、どのようなことをするべきでしょうか?

中山 ウチのスクール子たちも、所属チームにGKコーチがいないことがほとんどなのですが、いちばんいいのはトレーニングメニューを自分たちで作ってみることです。何でもいいです。基礎が分かっていなくてもいい。その場で考えるのではなく、先にメニューを考えてやることで、お互いディベートが生まれるようになりますし、そうするとお互いに声を出し合うようになります。

――そうすると、自信はつきやすくなるということでしょうか?

中山 つくと思います。そうすると、試合中にどうしたらいいとかの判断力に出てくるようになります。

――自分たちで積極的に練習を行う環境を作らないといけないということですね?

中山 その環境を作るためには、トレーニングメニューを作るというのがいいと思います。今日のGK練習は何をしようではダメなので、2人でもいいのでグループで考えてやってみることは大事です。
もちろん(GK専門のトレーニングを)受けられるのであれば受けたほうがいい。もし、受けたことがあるのであれば、それを自分の中で一度掘り返して(メニューを)作ってみたほうがいいです。できれば、(専門のトレーニングを一度でも)受けたことがある子が、インプットしたものをアウトプットしていくのが望ましいです。

――トレーニングメニューを作ったことがない場合は、所属するチームのコーチとかに見てもらったほうがいいですか?

中山 そうですね。たまに見てもらうだけでいいです。全部が全部見てもらわなくてもいいと思うので。

――雨で練習ができないときは、プレー集を見て、それに対するディベートを行うというのでもいいということでしょうか?

中山 もちろんです。

――ということは、所属しているチームのGK同士でコミュニケーションを取るというのが大事になるということですよね?

中山 そうです。

――GKはもともと人数が少ない中で練習をしているので、コミュニケーションを取るには、ディベートがもってこいということですよね?

中山 その中でトレーニングを(自分で)作ることが、(練習の中で)話題に挙げやすいのではないかなと思います。

Tochigi Green Cup 2015 Spring 中山英樹
なかやま・ひでき

1981年12月4日生まれ。金武中→東福岡高→中京大中退。東福岡高校時代は全国高校サッカー選手権に出場。2年時には優勝を経験し、3年時はベスト16進出を果たす。中京大を中退後から本格的に指導者の道を歩み、2000年6月に福岡GKスクールを設立。現在ではスクール事業としては福岡県下最大の規模を誇る。過去には、JFAU-18、U-15GK合同キャンプ西日本の日本代表コーチや、J1サガン鳥栖の育成コーチを務めた経験も持つ。現在も母校・東福岡高のGKコーチを務めている
福岡ゴールキーパースクール HOSOCCER JAPAN
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ