chapter01スライディング奪取

chapter02ジャンピングキャッチ

chapter03スライディングタックル

chapter04ジャンピングシングルパンチ

米本拓司(FC東京)

敵が、確実にピンチを防ぐディフェンス術 俺たちがゴールを守る!

chapter.3 スライディングタックル

敵と並走して滑り込むタイミングを探る→→→敵のタッチが大きくなったところで、左足でジャンプ→→→左足を曲げて滑り、右足を少しテークバック→→→ボールに近づいたら、右足をふってインステップにボールをあて、タッチラインに蹴り出す

POINT

左スネ、左モモ、お尻の外側
全体を使って滑る

僕は少しジャンプして滑り込むから、滞空時間の長いスライディングになっている。これだと遠くまで届くし、スピードも出る。滑り込むのは、ボールの前のスペース。ボールに向かっていくと、相手の足元に入ってしまうから注意している。左スネ、左モモ、お尻の外側全体を使って滑ると痛みは少ない。最後は右足をふってインステップに当てる。足首をクイッと強く返すと強く蹴り出せる。

PLAY AREA

アディダス PATHIQUE X(パティーク X)

日本人ならわかるスゴすぎるフィット感

権田・米本選手インタビューはこちら

adidas STRIKER DX
→足ワザムービー トップへ