chapter01ショルダーインレシーブ

chapter02一拍子ターンレシーブ

chapter03インサイドターンレシーブ

chapter04背面ストップ&ゴー

興梠慎三(鹿島アントラーズ)

敵が、速くたって、でかくたって怖くない! スルーパスは賢く受けろ!

chapter.1 ショルダーインレシーブ

スルーパスが出る→→→先にスタートを切った敵の位置を確認→→→敵の走るコースに寄っていく→→→敵の体の前に腕を伸ばし、強引に肩をねじ込む→→→背中で敵の進路をブロックし、パスレシーブ&シュート!

POINT

肩でぶつかるんじゃなくて
肩を敵の前に入れる

スルーパスを受けるために敵と並走しているとき、日本の選手に多いのが、ショルダーチャージをしてしまうこと。これだと体が小さい選手は負けてしまう。そこで、敵の前にて腕を伸ばし、すぐさま自分の肩を相手の胸の辺りにねじ込む。僕の場合は、重心を低くして、頭から敵の前に入るイメージでやっている。こうすれば、先にボールを触れるし、相手が押してくれば、ファウルも取れる。

PLAY AREA

アディダス アディピュアⅡ TRX HG

最高レベルのフィット感とコントロール性を実現

興梠選手インタビューはこちら

adidas STRIKER DX
→足ワザムービー トップへ